循環系

出典: meddic

circulatory system (M,Z), circulating system
循環器, 循環器系








Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/03/15 11:59:53」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • エコシステム : ヒト・モノ・カネを呼ぶ循環系 (特集 世界のエコシステム : イノベーション企業支援)
  • 都市水循環系における病原微生物の存在状況と処理における除去不活化特性 (特集 水処理問題の「いま」を考える) -- (水処理問題最前線)
  • 月刊下水道 = Journal of sewerage, monthly 39(8), 7-10, 2016-07
  • NAID 40020887783
  • 空圧式免荷時の運動が循環系及び体組成に及ぼす影響

関連リンク

循環系(じゅんかんけい)とは、動物の器官系のうちで、体液を決まった形で体内を循環 させる器官、すなわち循環器の体系を指すものである。循環器系(じゅんかんきけい)とも 言う。 動物の体腔は体液で満たされ、これを通じて消化管からの栄養の供給、呼吸器 ...

関連画像

心臓のつくり …4つの部屋と 循環系の図心臓の働き―循環系―心臓学 - 全身 / 循環系血液循環系模型 血液循環系 循環系模式図


★リンクテーブル★
リンク元循環器」「循環器系」「circulatory system
拡張検索アドレナリン、ノルアドレナリン、イソプロテレノールの循環系に対する効果」「開放循環系
関連記事」「循環

循環器」

  [★]

circulatory organ
循環系 circulatory system

ガイドライン



循環器系」

  [★]

circulatory system (M,Z)
循環系



circulatory system」

  [★]

cardiovascularcardiovascular system

アドレナリン、ノルアドレナリン、イソプロテレノールの循環系に対する効果」

  [★]

静脈内投与時の挙動

  • 図:GOO. 243、First Aid FOR THE USMLE STEP 1 2006 p.203
  • 血圧、心拍数はGOO. 243. 末梢血管抵抗は、First Aid FOR THE USMLE STEP 1 2006 p.203を参考にした
  ノルアドレナリン アドレナリン イソプロテレノール
心拍数 ↓↓ ↑↑↑
血圧 収縮期 ↑↑
平均 ↑↑ ↓↓
弛緩期 ↑↑ ↓↓
末梢血管抵抗 ↑↑↑ ↓↓↓
  • ノルアドレナリンとアドレナリンの受容体に対する作用の違い
  • アドレナリンは、α1・α2受容体、β2受容体に対してノルアドレナリンより強く作用する
  • β1受容体に対してはノルアドレナリンとアドレナリンのいずれも同等の作用を示す。
  • First Aid FOR THE USMLE STEP 1 2006 p.203によれば、
  • アドレナリン:α1, α2, β1, β2
  • ノルアドレナリン:α1, α2, β1
  • イソプロテレノール:β1, β2

アドレナリンの作用 (GOO.244)

  • β2受容体とα受容体のアドレナリンに対する反応の閾値はβ2の方が低い
  • 通常量(?)のアドレナリンでは、β2受容体に作用し、これを介した血管平滑筋の弛緩(骨格筋)がおこる
  • これにより末梢血管抵抗が低下する。
  • 平均血圧は変動しないので、圧受容器反射は起こらない
  • β1受容体を介した作用と静脈還流量が増加により、心拍数・1回心拍出量・(二次的に心拍出量、左心室仕事量が増加)が増加

ノルアドレナリンの作用

  • アドレナリンのようにβ2受容体を介した骨格筋に分布する血管の弛緩は望めない。
  • ノルアドレナリンにより、α1, α2受容体を介した血管平滑筋の収縮がおこり、末梢血管抵抗が上昇する。
  • β1受容体を介した心臓に対する陽性の作用により、心拍数・1回心拍出量が上昇する。
  • これらにより、収縮期、弛緩期、および平均血圧が上昇する。
  • 一回拍出量の増加により圧受容器を介して迷走神経が刺激され、徐脈となる

イソプロテレノール (GOO. 250)

  • α1, α2受容体にたいする作用はほとんどなく、β1, β2受容体を介した作用のみ現れる。
  • 従って、α2受容体を介した作用により、骨格筋の血管平滑筋を弛緩させ、末梢血管抵抗が低下する。
  • 結果として収縮期、弛緩期、および平均血圧は低下する。
  • β1受容体を介した心臓に対する陽性の作用により、心拍数・1回心拍出量が上昇する。


開放循環系」

  [★]

  • 節足動物・軟体動物などに見られる血液循環の一型。毛細血管を欠き、血管系は末端が開放され、動脈中の血液はいったん組織間へ流れ出てから静脈に集まる。開放血管系。(大辞林)
閉鎖循環系

系」

  [★]

一連菌株緊張系統系列シリーズ歪み連続システム体系体制方式筋挫傷

循環」

  [★]

circulationcirculatecirculatory
血行循環性流通血行路





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡