後角

出典: meddic

側脳室の後角

脳室側脳室



脊髄の後角

posterior horn (B), dorsal horn (B)
cornu posterius, cornu dorsale
後柱 posterior column columna posterior
脊髄
N. 158
KH. 91
KL. 665
B. C-25

機能的意義

  • 後索路>後索-内側毛帯系以外の伝導路の起始細胞
  • 入力間の相互干渉~

  関連痛の発生機序、ゲートコントロール

  • 下行性抑制路~

  モルヒネの鎮痛作用

神経解剖

  • 6層構造、I層~VI層
  • 末梢からの入力と層の関係 (2007年度後期生理学授業プリント)

||>|>|機械|>|侵害|冷|温| |I層|||C|Aδ|C|Aδ|C| |II層|||C||C||C| |III層|Aβ|Aδ|||||| |IV層|Aβ|Aδ|||||| |V層|Aβ|||Aδ||Aδ|| |VI層|Aβ||||||| |後索|Aβ|||||||



和文文献

  • 痒みの発生機序と鎮痒薬の薬理
  • 倉石 泰
  • 日本薬理学雑誌 : くすりとからだ : ファーマコロジカ 139(4), 160-164, 2012-04
  • NAID 40019255424
  • あなたにもわかる痛みのメカニズム (特集 リウマチ性疾患の痛みをやさしく教えます)
  • 山中 博樹,野口 光一
  • 分子リウマチ治療 5(1), 16-22, 2012-02
  • NAID 40019136180
  • 前帯状皮質電気刺激による脊髄後角ニューロンにおけるシナプス伝達の変調 : in vivoパッチクランプ法による解析
  • 杉村(海戸) 弥恵,谷口 亘,瀧口 登 [他]
  • Journal of musculoskeletal pain research : 日本運動器疼痛学会誌 4(1), 28-36, 2012
  • NAID 40019402459

関連リンク

前角は後角に比べて広く、円形または菱形をしている。頸髄と腰髄では発達しており、胸 髄では細めである。前角の後方部を基部、前方部を頭部という。ただしこれは位置の 違いであり、組織学的に基部と頭部での差異は認められない。 脊髄表面と前角の間に ...
灰白質部分は、(図6下側より)前角、側角、後角に分かれ、脳から降りてきた運動に 関わる神経は脊髄前角で運動ニューロンにシナプスを作って連絡する。この連絡箇所は 上肢・下肢に向かうニューロンが出る際に多くなり、頚部には頚膨大、腰部には腰膨大の ...

関連画像

 興奮の伝達の図は以下の通り 後 角 の アストロ サイト の転写因子STAT3に依存的な脊髄後


★リンクテーブル★
先読み側脳室」「脳室
リンク元上行性伝導路」「脊髄」「分界線」「側角」「posterior horn
拡張検索後角細胞」「脊髄後角ニューロン」「側脳室後角拡大症
関連記事

側脳室」

  [★]

lateral ventricle (B,KL)
ventriculus lateralis
脳室第3脳室第4脳室脳室系


解剖


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

臨床関連

側脳室壁の病変

  • 結節性硬化症:頭部単純CT:側脳室壁や基底核での結節状石灰沈着、脳室拡大 (NDE.345)。脳室壁に沿った石灰化(candle guttering / brain stone)


脳室」

  [★]

ventricle, ventricles
ventriculus cerebri
側脳室第3脳室第4脳室



上行性伝導路」

  [★]

ascending pathway (KL)
伝導路下行性伝導路

上行性伝導路を伝導する感覚

上行性伝導路の種類

上行性伝導路 交叉のレベル ニューロン 一次

ニューロンの 種類

体性感覚 深部感覚
1 2 3 4 痛覚 温度覚 粗大な触圧覚 識別性触覚
後索-内側毛帯系 毛帯交叉 脊髄神経節 薄束楔状束 視床        
外側脊髄視床路 脊髄 脊髄神経節 後角 視床   C      
前脊髄視床路 脊髄 脊髄神経節 後角 視床          
脊髄網様体視床路 脊髄 脊髄神経節 後角 延髄網様体 視床            

各伝導路の概要 (SP.231)

後索-内側毛帯系

 皮膚、特に四肢遠位端無毛部の触圧覚受容器や筋、関節受容器からの太い有髄線維は、脊髄に入り同側の後索を上行する。延髄レベルで、上下肢からの線維はそれぞれ楔状束核、薄束核のニューロンに終わる。これら後索核ニューロンの軸索は交差して内側毛帯となり、その大部分が視床外側部の腹側基底核に、一部は後核群にも終わっている(SP.231)。  深部感覚+繊細な触圧覚、振動覚(B.P-2)

脊髄視床路

 後根から入力を受けた後、直ちに交差して対側の前側索を上行し、視床に達する。  脊髄視床路起始ニューロンには、腹側基底核や後核群など視床外側部に終わるものと、髄板内核など内側部に終わるものがある(SP.231)。  温覚+痛覚+粗大な触圧覚(識別力なし)(B.P-2)

脊髄網様体視床路

 視床下部や大脳辺縁系を介して痛みの情動的側面に関係(SP.231)。  視床、脳幹網様体を介して睡眠覚醒サイクル、意識レベル、注意などに影響を及ぼす(SP.231)。


脊髄」

  [★]

spinal cord (M)
medulla spinalis









  • 成人の脊髄は大後頭孔からL1-L2の椎骨まで達する (M.279)

解剖



分界線」

  [★]

terminal line
linea terminalis (M)

定義 (M.195)


側角」

  [★]

lateral horn
cornu laterale
前角後角脊髄


posterior horn」

  [★]

後角脊髄後角

dorsal hornspinal cord posterior horn


後角細胞」

  [★]

dorsal horn cellposterior horn cell
脊髄後角ニューロン後角ニューロン


脊髄後角ニューロン」

  [★]

dorsal horn neuron
後角細胞後角ニューロン

側脳室後角拡大症」

  [★]

コルポセファリー

角」

  [★]

角度コーナー触角



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡