後続児頭鉗子遂娩術

出典: meddic

forceps to after coming head
骨盤位娩出術


関連リンク

至っている. 2.鉗子分娩の意義. 鉗子による急速遂娩術は,その確実な牽引力と迅速 性の点で優れている.鉗子が適切に. 装着された場合,その圧力は主として胎児の ... 位 後続児頭牽出術に利用される Piper 鉗子などがある.鉗子には,児頭を把持する鉗子 ...
その形状の要素は、 把手(handle)、接合部(lock)、鉗子柄(shank)、鉗子匙(blade)と これらの複合が構成する児頭 ... 骨盤位分娩において、後続児頭娩出に用いられる特殊 型の鉗子である。 [編集] 適応と要約. 適応. 急速遂娩. 明らかな胎児機能不全などにより 、急速遂娩が必要となった場合に適応となる。 分娩遷延、分娩停止. 微弱陣痛、回旋 ...

関連画像

基本的な鉗子分娩の手技:画像

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
先読み骨盤位娩出術
リンク元forceps to after coming head
関連記事鉗子」「」「鉗子遂娩術

骨盤位娩出術」

  [★]

breech extraction
骨盤位分娩介助術
ブラハト法 骨盤位介助法


forceps to after coming head」

  [★] 後続児頭鉗子遂娩術


鉗子」

  [★]

forcepsclamp
クランプ clamp
固定ピンセットクレンメ


術」

  [★]

surgery
外科外科学手術外科術外科手術


鉗子遂娩術」

  [★]

forceps delivery
鉗子分娩術鉗子牽引法鉗子手術




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡