後眼振

出典: meddic

和文文献

  • ヒトと魚における周期的視覚刺激に対する予測性眼球運動の獲得(「眼球運動と知覚」,「眼球運動の制御・計測」,「調節・瞳孔の機能」,及びヒューマン情報処理一般)
  • 電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理 114(226), 49-54, 2014-09-18
  • NAID 110009950329
  • 回旋性視運動性眼球運動と後眼振(「眼球運動と知覚」,「眼球運動の制御・計測」,「調節・瞳孔の機能」,及びヒューマン情報処理一般)
  • 電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理 113(216), 19-21, 2013-09-05
  • NAID 110009824927

関連リンク

めまい診療を行う上で、眼振の観察は非常に重要です。 半規管系が刺激あるいは抑制された場合にどのような眼振(眼球運動)が生じるのかを理解するための必須法則を解説します。
医療関係者の方々向け「めまい」に関する情報サイト ... 水平・回旋混合性眼振 メニエール病や前庭神経炎、めまいを伴う突発性難聴などの末梢性めまい疾患(耳性めまい)で認められる眼振。

関連画像

温度眼振検査 眼球 偏倚 と 眼 振 実線 が 水平方向 の 眼 振 が 生じる眼振のメカニズム | めまいプロ


★リンクテーブル★
関連記事眼振

眼振」

  [★]

nystagmus
眼球振盪眼球振盪症
共同眼振律動眼振病的眼振反跳眼振陥没眼振輻輳眼振注視眼振

概念

  • 眼球の不随意的往復運動
  • 眼振には眼球が緩徐に動く緩徐相と急速に動く急速相からなる。
  • 急速相の方向が眼振の方向である。

分類






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡