当惑作話

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

世界大百科事典 第2版 - 当惑作話の用語解説 - 虚構の作り話のこと。追想の障害がある場合に,その記憶の脱落をうめるために事実とは異なる答えをするのが当惑作話であり,脳の器質的な障害のあるときに認められることがある。
作話 認知症の高齢者によく見られる症状の一種で、思い出せない状況や、事柄などについて虚構の話を作ることです。欠落した記憶を補うかのようにつじつま合わせをするもの(当惑作話)や、物事の事実関係があいまいになり、願望 ...
作話(さくわ) 主に記憶障害にともなう症状で、経験しなったことをいろいろに話すこと。作り話であるが、意図的ではない。認知症では健忘を補うための「当惑作話」、頭部外傷性健忘をともなうコルサコフ症候群では内容が豊富で ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事」「当惑」「作話

話」

  [★]

speech
言語口演発声講演スピーチ演説

当惑」

  [★]

embarrasspuzzledisconcert
困惑パズル

作話」

  [★]

fabricationconfabulation
作話症製作





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡