強膜

出典: meddic

sclera, sclerae
眼球



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 私の経験 眼内レンズ縫着術後に脱臼した2例 : 強膜縫着部における結紮法の検討
  • 岡元 有己子,米村 隆温,川路 隆博 [他]
  • 眼科 54(7), 951-954, 2012-07
  • NAID 40019392198
  • 広角観察システムを使用したアトピー網膜離に対する強膜バックリング術の1例 (特集 第65回日本臨床眼科学会講演集(5))
  • 春田 真実,佐藤 達彦,池田 俊英 [他]
  • 臨床眼科 66(7), 1059-1062, 2012-07
  • NAID 40019385818

関連リンク

結膜という言葉は,眼球とまぶた(限瞼)をむすぶ組織という意味で,まぶたの内面と強 膜(しろ目)の前面をおおっているうすい透明な膜です。 そして,次 ... これは白目 に当たるところで,強膜の上をおおい,角膜(くろ目)との境で,強膜と強くむすびついてい ます。
強膜炎、上強膜炎とはどんな病気か. 白目の部分の眼球壁は、強膜という組織です。 つまり、眼球の外壁のいちばん前の5分の1だけが透明で、この部分が角膜ですが、 後ろ5分の4は白い不透明な強膜という組織となっているわけです。 ちなみに、角膜の 周囲の ...

関連画像

目の構造16.2008年03月04日眼圧の下降効果につながる事が レーシック用語・強膜青色強膜


★リンクテーブル★
先読み
国試過去問103E001
リンク元角膜」「強膜静脈洞」「上強膜炎」「眼球」「眼球結膜
拡張検索強膜篩状板」「強膜内陥術」「リウマトイド強膜炎
関連記事

眼」

  [★]

eye, ophthalmus
眼球
ocular entries

解剖

構造

発生

L.375- (視覚器)





103E001」

  [★]

  • 重量の約99%を水が占めるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103D060]←[国試_103]→[103E002

角膜」

  [★]

cornea
眼球

発生 (L.378)

  • 発生第5週末に眼の原基は間葉に取り囲まれる
  • 水晶体の前方に空胞が形成され前眼房を形成する。これにより、前方は角膜、後方は虹彩瞳孔膜が位置することになる
  • 前方では表層外胚葉が陥入、くびきとられて角膜の上皮を形成する。
  • これにより角膜が次の3層から構成されることになる
1. 上皮細胞層:体表外胚葉由来
2. 角膜固有層:強膜と連続。おそらく中胚葉由来
3. 上皮層  :前眼房と接する。おそらく中胚葉由来


組織

角膜上皮    
Bowman膜 基底膜 コラーゲン細線維
角膜実質   コラーゲン+ムコ多糖
Descemet膜 基底膜  
角膜内膜    




強膜静脈洞」

  [★]

scleral venous sinus (KL)
sinus venosus sclerae
Schlemm管, シュレム管, Schlemm's canal, Schlemm canal, canal of Schlemm


  • 図:KL.555
  • 角膜強膜との境界部には、角膜の周囲を輪状に取り囲むように静脈洞が見られる。この静脈洞を強膜静脈洞という (KL.555)
  • 後眼房から前眼房に至った眼房水は強膜静脈洞から体循環に戻される
  • 瞳孔が散瞳しているとシュレム管が圧迫されて眼房水の流れが悪くなる。縮瞳により圧迫がとれて眼房水の流れが良くなり眼内圧が低下する (SPC.156)
縮瞳副交感神経の興奮、あるいはコリンエステラーゼ阻害剤の点眼によりおこる


上強膜炎」

  [★]

episcleritis
強膜炎後部強膜炎壊死性強膜炎



眼球」

  [★]

eyeball
bulbus oculi


概念

(水晶体の支持靱帯 suspensory ligament of lens)

解剖

外眼筋

  • 内側
  • 外側


眼球結膜」

  [★]

bulbar conjunctiva (KL)
tunica conjunctiva bulbi
球結膜
眼瞼結膜結膜
  • 角膜周囲の薄い透明な膜で、その内がわにある白い強膜が透けて見える。角膜上皮に続く。

臨床関連

  • 眼球結膜の角膜内への増殖 → 翼状片
  • 眼球結膜の黄染  →  黄疸を示唆する所見


強膜篩状板」

  [★]

lamina cribrosa sclera
網膜
  • 視神経細胞の軸索が集まって神経線維となり、視神経乳頭から眼球からでるときに、強膜の延長線上に膠原線維でできた篩状の構造を通過する。これが強膜篩状板である。視神経はここを通過してから有髄となる。 (SOP.6)

強膜内陥術」

  [★]

scleral buckling procedure
強膜バックリング法
[show details]



リウマトイド強膜炎」

  [★]

rheumatoid scleritis


膜」

  [★]

membrane
メンブランメンブレン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡