幻触

出典: meddic

tactile hallucination
幻覚



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • トリヘキシフェニディールにより幻触が出現したパーキンソン病の1例
  • 舟川 格,陣内 研二
  • 臨床神経学 : CLINICAL NEUROLOGY 45(2), 125-127, 2005-02-01
  • NAID 50000137846
  • 「悪い場所」にて(10)再読・石子順造--もの派/幻触からマンガを通じ、トマソン、アール・ポップ、日グラ、そしてスーパーフラットまで

関連リンク

幻嗅(げんきゅう), 嗅覚として体験される幻覚です。 場合によっては幻嗅と幻味は 同時に生ずることがあります。 人によってはやはり被害的にとらえ、「毒ガスにやられた」 と感じることがあります。 幻触(げんしょく), しびれる、くすぐったいと言った単純なもの から、 ...
私は複数人の幻覚、幻聴、幻触、幻臭体験者の話を聞いた事がありますが、共通して いる点を発見しました。 共通点は、現実逃避から妄想する癖が日常生活にある事です。 幻覚、幻聴、幻触、幻臭体験者の誰もが、妄想的生活をしているという点です。 妄想( もう ...

関連画像

 守一 幻 触 展 カタログ 2005poster for 飯田昭二 「『幻触』の 幻触落とし (Morningtide) - Gatherer 幻彩触控遥控台灯第A06版: 独居老人“幻触症”グループ 幻 触 幻 触 虚 在 と


★リンクテーブル★
リンク元コカイン」「幻覚」「無構造幻視」「解離性幻覚

コカイン」

  [★]

cocaine
cocainum
塩酸コカイン cocaine hydrochloride
薬物濫用麻薬
コカアルカロイド系製剤

概念

  • 俗名"crack","freebase" (BBS.74)
  • コカの葉に含まれるアルカロイド。精製するとコカインとなる。
  • 濫用薬物としての分類はstimutans(see. 薬物濫用)
  • 麻酔作用がある → エステル型の局所麻酔薬として使われる

構造

作用機序

薬理作用

  • 局所麻酔作用
  • 交感神経興奮作用
  • 中枢神経興奮作用

動態

  • 皮膚からの吸収:悪い
  • 粘膜からの吸収:良好

適応

注意

MAO阻害薬を服用している場合、神経終末部のニューロン内でノルアドレナリン濃度の上昇を期待→コカインはノルアドレナリンのuptake1を抑制→MAO阻害薬の作用が減弱

麻薬としてのコカイン

  • 種類:stimulants
  • 症状:幻覚、性欲亢進、不眠。精神依存強
  • 妊娠中の妊婦がコカインを使用すると、新生児にhyperactivityやgrowth retardationが見られる
  • 虫が体を這うような幻触(tactile hallucination)が見られる("cocaine bugs")
  • "crack", "freebase"は安価なコカインであり、喫煙により吸入する。精製したコカインは鼻孔から嗅いで吸引する。



幻覚」

  [★]

hallucination
  • 実際にはない音を聞いたり、ものを見たり、感じたりする体験で
  • 対象なき知覚への確信
  • 幻聴幻視幻味幻嗅幻触

幻覚が見られる疾患

KPS改変



無構造幻視」

  [★]

unformed visual hallucination
幻覚幻視幻聴入眠時幻覚幻嗅幻触解離性幻覚幻味


解離性幻覚」

  [★]

dissociative hallucination
幻覚幻視幻聴入眠時幻覚幻嗅幻触幻味無構造幻視




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡