幻覚薬依存

出典: meddic

-パレイドリア


関連リンク

幻覚薬は中毒をもたらし,知覚の変容や判断力の低下を伴う。長期的使用により判断力はさらに低下し,抑うつ,不安,または精神病が生じることがある。 幻覚薬には,リゼルグ酸ジエチルアミド(LSD),サイロシビン,メスカリンが ...
アルコール依存症で離脱症状や幻覚の症状が表れた場合は、 薬物療法 によって症状を抑えることになります。 幻覚に対して用いられるのは、抗精神病薬と言われるもの。統合失調症の治療にも用いられる薬です。具体的には ...

関連画像

第3章 第2節 若者の抱える問題 薬物依存の症状と治療について アルコール依存症を自己診断 薬物の依存性には、精神的依存 ほんの好奇心が幻覚や興奮 一度壊れてしまった脳(神経


★リンクテーブル★
関連記事幻覚」「依存

幻覚」

  [★]

hallucination
  • 実際にはない音を聞いたり、ものを見たり、感じたりする体験で
  • 対象なき知覚への確信
  • 幻聴幻視幻味幻嗅幻触

幻覚が見られる疾患

KPS改変


依存」

  [★]

dependence
薬物依存麻薬中毒


依存の3要素

  • 1. 身体依存:精神作用物質が長時間体内にあり、効果を発現し続ける結果、生体がその物質に適応して正常に近い機能を営むようになった状態。身体依存が生じる薬物は抑制性の薬物で、離脱症状は興奮性となる
  • 2. 精神依存:精神作用物質を使用したいというしばしば強く、時には抵抗できない欲求
  • 3. 耐性  :精神作用物質の効果が長期の摂取のために減弱し、初期の効果を得るためにより大量の摂取が必要となった状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡