川崎市立川崎病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 川崎市立川崎病院

url

理念

  • 自治体病院として、市民に最善の医療を提供し地域の皆様の健康と福祉の向上に貢献することを目指します。1 「病気」ではなく「病人」を診る患者さん中心の医療2 地域の基幹的病院として、質の高い医療を提供3 健全な経営基盤の確立

住所

  • 〒210-0013 川崎市川崎区新川通12-1

診療の特徴、実績

  • 当院は、川崎市内で市街化が最も進んでいる川崎区の中央部に位置し、少子高齢化が進む中、高度化・情報化をキーワードに救急医療(精神科救急、小児救急を含む)、総合診療体制、新生物疾患医療、循環器疾患医療、中枢神経疾患医療、感染症対策等の充実を図っています。

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 616.7人

一日平均外来患者数

  • 1,991.7人

平均在院日数(一般/精神)

  • 17.9日/52.1日

年間分娩件数

  • 1047件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 29件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/5回

当院の救急医療の特徴

  • 救命救急センターは平成18年に開設し、平成20年度には7,922台の救急車を受入れました。救急車での受入れ患者さん(小児科疾患以外)は、すべて救急が初療を行います。17名のスタッフで院内の各診療科専門医と連携してセンター運営をしています。救急外来ERとICUは2交代勤務で20年6月からは当センター医療チームと消防局が連携してランデブー方式のドクターカー運用を始めました。外傷・内科疾患、急性薬物中毒、感染症、Sepsis,環境障害をはじめ、多様な重症管理、集中管理を要する患者さんが連日搬送されてきます。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 全科

一日平均救急外来患者数

  • 110.3人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 21.8人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 319人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 4回

当直手当

  • 有り

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 9人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 3-5 人

勤務体制

  • ローテーション科により異なる

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  •  当院の初期臨床研修プログラムの特徴は、1)Common disease症例が豊富なこと、2)血液腫瘍科、小児外科以外のほとんどすべての専門家が院内におり、病院を移動せずに必修科及び選択科の研修が受けられること、3)東京、横浜、羽田空港まで30-40分という恵まれた立地条件にあり、各種の勉強会、研究会、学会に参加が容易であることの3点であります。当院では、研修医の自主性を尊重し、あまり研修医に義務を課しておりません。これらの豊富な症例、指導医、立地条件を生かし、充実した研修生活を自ら企画実行できる人材を求めております。(教育指導部長・小児科部長 安藏 慎)

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  •  病床数700床を越える当院ですが、基幹型の募集研修医数は1学年10名程度であるため、一人ひとりの研修医がより多くの患者さん、上級医の先生と関わりながら、比較的自由度の高い研修を受けることができます。Common Diseaseの患者さんばかりでなく、珍しい症例を診察する機会もあります。Primary Care能力の習得だけでなく、今後も自分が一人前の医師として自立するための幅広い知識と技術を身につけることが出来ると思います。加えて医師数も多く専門性に富み、必ずや自分のロールモデルとなるような上級医に出会うことができます。そのような上級医が一緒に診察・治療にあたるので、研修医だけで不安な医療をすることはありませんし、とても勉強になります。また、ERで3次救急まで扱う病院として多くの急性期の患者さんが運ばれてきます。担当日にはCommon Diseaseからの重症患者まで集中して多くの症例の診療に関わることができ、密度の濃い時間をすごせます。ここは希望すれば多くの手技を経験でき、本人のやる気次第で自分の力や知識をいくらでも伸ばすことができる病院です。約1年経過した今、この病院に来たという選択は間違っていなかったと思っています。(初期臨床研修医1年目 井上玲央)

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/08/26 21:44:36」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 補聴器によるTRTにおける治療経過の検討
  • 伊藤 まり,佐藤 永通子,相馬 啓子
  • Audiology Japan 55(5), 501-502, 2012-09-30
  • NAID 10031061416
  • 補聴器によるTRT (Tinnitus Retraining Therapy) におけるプログラムを設定した1症例
  • 伊藤 まり,相馬 啓子,三並 美香,佐藤 永通子,林 裕次郎
  • Audiology Japan 55(4), 218-222, 2012-08-30
  • NAID 10031061145

関連リンク

2016年7月1日 7月分外来予定表を掲載しました 2016年7月1日 ダ・ヴィンチ(手術支援ロボット)を導入しました 2016年6月24日 第2回市民公開講座 「母乳と育児」を掲載しました 2016年6月21日 市立川崎病院第1回キッズセミナーについて ...
川崎病院は、地域の皆様の健康と福祉の向上に貢献することを目指します。 ... 川崎市立 川崎病院 郵便番号 210-0013 川崎市川崎区新川通12-1TEL:044-233-5521(代表)

関連画像

photo contributed by kazuki jack mizuno川崎市立川崎病院川崎市立川崎病院の画像 p1_27川崎市立川崎病院


★リンクテーブル★
関連記事川崎病

川崎病」

  [★]

Kawasaki disease, Kawasaki's disease
Kawasaki病皮膚粘膜リンパ節症候群, 粘膜皮膚リンパ節症候群, mucocutaneous lymph node syndrome, mucocutaneous lymphnode syndrome, MCLS, 急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群, acute febrile MCLS,(小児)急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群, acute febrile mucocutaneous lymphnode syndrome


HIM.2130

概念

  • 乳児~幼児(0-4歳、0歳半~1歳が最多)に後発する熱性疾患(全身性の心血管炎)
  • 原因不明の急性熱性発疹性疾患。リンパ節腫脹と粘膜病変が特徴(SPE.370)

検査

[show details]

診断基準

参考1より引用
  • 本症は、主として4歳以下の乳幼児に好発する原因不明の疾患で、その症候は以下の主要症状と参考条項とに分けられる。

A 主要症状

  • 1.5日以上続く発熱(ただし、治療により5日未満で解熱した場合も含む)
  • 2.両側眼球結膜の充血
  • 3.口唇、口腔所見:口唇の紅潮、いちご舌、口腔咽頭粘膜のびまん性発赤
  • 4.不定形発疹
  • 5.四肢末端の変化:
  • (急性期)手足の硬性浮腫、掌蹠ないしは指趾先端の紅斑
  • (回復期)指先からの膜様落屑
  • 6.急性期における非化膿性頸部リンパ節腫脹
6つの主要症状のうち5つ以上の症状を伴うものを本症とする。
ただし、上記6主要症状のうち、4つの症状しか認められなくても、経過中に断層心エコー法もしくは、
心血管造影法で、冠動脈瘤(いわゆる拡大を含む)が確認され、他の疾患が除外されれば本症とする。

B参考条項

以下の症候および所見は、本症の臨床上、留意すべきものである。
  • 1. 心血管:聴診所見(心雑音、奔馬調律、微弱心音)、心電図の変化(PR・QTの延長、異常Q波、低電位差、ST-Tの変化、不整脈)、胸部X線所見(心陰影拡大)、断層心エコー図所見(心膜液貯留、*冠動脈瘤)、狭心症状、末梢動脈瘤(腋窩など)
  • 2. 消化器:下痢、嘔吐、腹痛、胆嚢腫大、麻痺性イレウス、軽度の黄疸、血清トランスアミナーゼ値上昇
  • 3. 血液:核左方移動を伴う白血球増多、血小板増多、赤沈値の促進、CRP陽性、低アルブミン血症、α2グロブリンの増加、軽度の貧血
  • 4. 尿:蛋白尿、沈査の白血球増多
  • 5. 皮膚:BCG接種部位の発赤・痂皮形成、小膿疱、爪の横溝
  • 6. 呼吸器:咳嗽、鼻汁、肺野の異常陰影
  • 7. 関節:疼痛、腫脹
  • 8. 神経:髄液の単核球増多、けいれん、意識障害、顔面神経麻痺、四肢麻痺

備考

  • 1. 主要症状Aの5は、回復期所見が重要視される。
  • 2. 急性期における非化膿性頸部リンパ節腫脹は他の主要症状に比べて発現頻度が低い(約65%)
  • 3. 本症の性比は、1.3~1.5:1で男児に多く、年齢分布は4歳以下が80~85%を占め、致命率は0.1%前後である。
  • 4. 再発例は2~3%に、同胞例は1~2%にみられる。
  • 5. 主要症状を満たさなくても、他の疾患が否定され、本症が疑われる容疑例が約10%存在する。この中には冠動脈瘤(いわゆる拡大を含む)が確認される例がある。

鑑別診断

IMD

参考

  • 1. 川崎病関連情報
診断の手引き、治療ガイドラインなど
[display]http://www.kawasaki-disease.org/tebiki/index.html

uptodate

  • 1. [charged] 川崎病:臨床的特徴および診断 - uptodate [1]
  • 2. [charged] 川崎病:初期治療および予後 - uptodate [2]
  • 3. [charged] 川崎病:疫学および病因 - uptodate [3]
  • 4. [charged] 不完全(非定型)川崎病 - uptodate [4]
  • 5. [charged] 川崎病:合併症 - uptodate [5]
  • 6. [charged] 難治性川崎病の治療 - uptodate [6]
  • 7. [charged] 川崎病の心血管後遺症 - uptodate [7]

国試





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡