岡山大学病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 岡山大学病院

url

理念

  • 高度な医療をやさしく提供し,優れた医療人を育てる

住所

  • 郵便700-8558 岡山市北区鹿田町二丁目5番1号

診療の特徴、実績

  • 岡山大学病院は,41の診療科(医科27,歯科12)と32の中央診療施設等が設置され,全身の疾患に対応しています。「高度な医療をやさしく提供し,優れた医療人を育てる」ことを基本理念として掲げ,高度先進医療の研究・開発が大学病院の使命のひとつであると考えています。臓器移植・小児心臓外科・幹細胞移植などの高度先進医療の推進,遺伝子細胞治療などの先端的治療の開発では全国でもっとも進んだ施設です。今後も新しい医療の開発を続け,他の機関ではみられない先進的な医療を創造し,実践してまいります。また,次世代を担う優れた医療人の育成も教育機関である本院の役割と捉え,患者様の尊厳を守り,畏敬の気持ちで接し,質の高い医療を提供できる医療人を育てるよう努めています。

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 712.7人

一日平均外来患者数

  • 1,624.8人

平均在院日数(一般/精神)

  • 15.5日/40.0日

年間分娩件数

  • 288件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 27件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/11回

当院の救急医療の特徴

  •  当院救急医学講座は日本救急医学救急指導医養成認定施設・専門医養成認定施設として、院内では第三次救急医療を主に提供する部門・講座として機能しています。 救急科・救急部によりトリアージと初療が行われた後、必要に応じて各専門診療科との協力による治療が提供されるシステムになっており、国内でも屈指の高レベルな救急医療提供体制が敷かれています。 入院棟屋上にはヘリポートが設置され、県・市防災ヘリやドクターヘリの受け入れを日常的に行っています。 研修医の指導は、救急専門医によりマンツーマンで行われ、ICLS、JATEC、JPTECなど心肺蘇生、外傷初療の標準化した医療を根拠に、質の高い「本物の救急医療」を指導しています。 また、救急車同乗により病院前救急医療の現場を体験する事も可能であり、希望によりヘリコプターによる救急現場出動の機会も得られます。 平成22年度からは岡山市民病院に新設される「岡山ER」との連携により、一次・二次救急医療を集中的に経験できる体制も確立されます。このことにより、今まで以上に軽症-重症患者に至るまで「隙のない救急医療」を修得する事が可能になります。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 救急科/院内臨床科全科

一日平均救急外来患者数

  • 16.6人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 2.8人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 34人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 5回

当直手当

  • 無し

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 1人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1人

勤務体制

  • 他科の研修であっても当直は救急外来で行われ,研修医の当直は週1回程度,当直の人数は研修医総数により異なる。研修の場として岡山大学及び岡山市民病院救急外来、津山中央病院から選択できる。

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 卒後研修は初めて現実の医療の主役の一人になる場と言えます。心も頭も柔軟な時期に多くの経験を積み、自ら考え、行動したことはこれからの医師としてのキャリアの礎となります。臨床研修を通じて、臨床技能、知識習得能力、問題解決能力、プロフェッショナルとしての責任感、指導力を身につけて頂きたいと考えます。臨床技能に関しては、各種認定医、専門医取得につながる十分な経験を積んでいただくことを目指しています。勉強会、カンファレンス、学会での発表の機会も豊富です。また、後期研修医、初期研修医、医学生が同時に回診、カンファレンスを行う場面も多く、「教えることは二度学ぶこと」を実践することとなり、指導力も自ずから身についてきます。さらに充実したプログラムを作るための努力もたゆみなく行っております。また、研修医室があるフロアは全体が教育のためのフロアとなっており、研修医カンファレンスルームやシミュレーションルームは、自ら学ぼうとする研修医にとっては最適の環境です。医学はscienceであると同時にartの側面も持っています。確かな臨床能力を身につけ、さらに豊かな人間性を備えた若い医師が当プログラムから多く育っていくことを目標としています。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 私は外科志望で、大学病院を選びました。各科の専門性が高く、指導医の先生が多いため、一つの症例、疾患に対しても様々な見地を学ぶことができます。また、一つ一つの手技に関しても、じっくりと学ぶことができるため、身につくことも多いと思われます。自分のやり方、物の見方、小さなことでも気にかけて下さり、アドバイスをして下さる先生方がいらっしゃることは、まだまだできることの少ない初期研修の期間には心強く感じられました。 研修後の進路についても、相談できる先生が多く、自分にあった将来設計を立てることが可能です。選択実習、後期の病院、大学院のことなどいろいろと相談にのっていただきました。 また、勉強会なども充実しており、さまざまな知識を身につける機会が与えられます。自分達で企画・運営できるため、先生方のご尽力もありそれぞれの学年、個性に合わせたカラーを出していくことができるのも魅力の一つだと思います。 すてきな先生方、楽しい仲間、かわいい(?)後輩にも恵まれて、良い研修をさせていただいています。 (平成20年度研修医 Y. F)岡山大学病院での研修もはや1年以上が過ぎました。学生の時とは違い、患者さんを実際に持って治療方針に参加でき、患者さんの良くなる様子をみることができ、とても満足しています。また、どこに行っても先生方が親切に指導してくださり、カンファレンスも多く、勉強になりました。私が、岡山大学病院を選んだ理由は一般的な病気から専門的な知識が必要な病気まで幅広い病気が見られると思ったからです。実際に働いてみて様々な病気をみることができ、一般的な病気をみるのに必要な知識だけでなく、専門的な知識も得られ満足しています。岡山大学病院で働く利点は様々な先生方にコンサルトでき、じっくり考えたり、本や論文など読む時間が十分にとれる点にあると思います。内科や外科の地方会にも参加させていただき、いい経験になりました。これからももっと患者さんと関わったり、治療方針について考えながら、よい医師を目指していこうと思っています。(平成20年度研修医 K.I)

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/05/31 23:19:23」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • PNSの実践からみる運用を成功させるためのコツ(3)岡山大学病院におけるPNSの取り組み
  • 漂白後エナメル質に対するメタリン酸ナトリウムの着色抑制効果と吸着性の評価

関連リンク

岡山市。外来担当医・曜日別診療科の案内、各科・施設の紹介。
岡山大学病院(おかやまだいがくびょういん )公式サイト。岡山県岡山市と鳥取県東伯 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事大学

大学」

  [★]

universitycollegeUniv
単科大学




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡