屈筋

出典: meddic

flexor (K)



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/02/18 04:37:26」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 臨床室 長母趾屈筋腱に沿って波及した化膿性足関節炎に対する鏡視下手術の1例
  • 一輪車演技種目女子選手の下肢筋力に関する研究
  • 筋弛緩モニタリングの機器,モニタリング部位,モニタリングの実際

関連リンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 屈筋の用語解説 - 力が働いたとき,関節における骨格の屈曲をきたすような筋肉のこと。伸筋の拮抗筋である。
ダンサーのからだ 屈筋と伸筋のバランス (11/11/2000) 【屈筋と伸筋】 関節を動かす筋肉、つまり骨格筋は解剖学的には屈筋と伸筋に分けることができます。関節を曲げるときに力が入る筋肉が屈筋で、関節を伸ばすときに力が入る ...

関連画像

) 短母指屈筋 深指屈筋が収縮すると、手関節 深 指 屈筋 詳細 2 深 指 屈筋 長母指屈筋長母指屈筋 長母指屈筋が収縮すると、母指

添付文書

薬効分類名

  • シート状生物学的組織接着・閉鎖剤

販売名

タコシール組織接着用シート 9.5cm×4.8cm(レギュラーサイズ)

組成

有効成分:ヒトフィブリノゲン

  • 含量(1cm2中) 5.5mg
    備考 ヒト血液由来成分
    採血国:米国、ドイツ、オーストリア
    採血方法注):非献血

有効成分:トロンビン画分

  • 含量(1cm2中) 2.0IU
    備考 ヒト血液由来成分
    採血国:米国、ドイツ、オーストリア
    採血方法注):非献血

支持体:ウマコラーゲン

  • 含量(1cm2中) 2.1mg
    ウマ深部指状屈筋腱由来成分

添加物

  • リボフラビン、人血清アルブミン(ヒト血液由来成分、採血国:米国、ドイツ、オーストリア、採血方法:非献血)、L‐アルギニン塩酸塩、塩化ナトリウム、クエン酸ナトリウム水和物

禁忌

(次の患者には使用しないこと)

  • 本剤の成分又はウマ血液を原料とする製剤(乾燥まむしウマ抗毒素等)に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 下記の製剤による治療を受けている患者
    凝固促進剤(臓器抽出製剤、蛇毒製剤)、抗線溶剤〔「相互作用」の項参照〕


効能または効果

  • 肝臓外科、肺外科、心臓血管外科、産婦人科及び泌尿器外科領域における手術時の組織の接着・閉鎖
    (ただし、縫合あるいは接合した組織から血液、体液又は体内ガスの漏出をきたし、他に適切な処置法のない場合に限る。)


  • 接着・閉鎖部位の血液、体液をできるだけ取り除き、本剤を適切な大きさにし、乾燥状態のままあるいは生理食塩液でわずかに濡らし、その活性成分固着面を接着・閉鎖部位に貼付し、通常3〜5分間圧迫する。


  • 局所適用に限る。
    本剤が誤って血管内に入ると生命を脅かす血栓塞栓性合併症が発現するおそれがあるため、本剤が血管内に入らないよう注意すること。


慎重投与

(次の患者には慎重に使用すること)

  • 重篤な肝障害、汎発性血管内凝固症候群(DIC)が考えられる病態を有する患者〔本剤の成分が、血管内に流入した場合、血栓の形成あるいはDIC状態を悪化させるおそれがある。〕
  • 溶血性・失血性貧血の患者〔ヒトパルボウイルスB19の感染を起こす可能性を否定できない。感染した場合には、発熱と急激な貧血を伴う重篤な全身症状を起こすことがある。〕
  • 免疫不全症患者・免疫抑制状態の患者〔ヒトパルボウイルスB19の感染を起こす可能性を否定できない。感染した場合には、持続性の貧血を起こすことがある。〕


重大な副作用

ショック

  • ショックを起こすおそれがあるので、観察を十分に行い、血圧低下、呼吸困難、全身潮紅、血管浮腫、蕁麻疹等の症状が認められた場合には、直ちに適切な処置を行うこと。

膿瘍

  • 膿瘍があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。


薬効薬理

  • 本剤は血液、リンパ液などの体液や生理食塩液などに接するとコーティングの成分が溶解して一部が創面に拡散し、フィブリノゲンとトロンビンが反応して、生理的血液凝固過程の最終段階が開始される。フィブリノゲンはフィブリン・モノマーに変換され、重合して安定なフィブリン塊となり、組織を接着・閉鎖する。
  • 高脾内圧のブタ脾臓損傷モデル、凝固能低下状態におけるブタの心臓外科手術モデルにおいて、止血効果が認められた8)
  • 線溶亢進状態におけるウサギの大脳皮質損傷モデルにおいて、止血効果が認められた9)
  • イヌ脾臓/肝臓複合損傷モデルにおいて、本剤とアプロチニンを含む製剤(TachoComb H、本邦未承認)との間に止血効果の大きな差は認められなかった10)
  • ブタ胸膜を用いたex vivoの人工肺モデルにおいて、本剤とアプロチニンを含む製剤(タココンブ、TachoComb H)は、同程度の接着力を示した11)


★リンクテーブル★
リンク元橈骨神経」「坐骨神経」「筋皮神経」「浅指屈筋」「肘関節の運動に関与する筋
拡張検索尺側手根屈筋」「指屈筋総腱鞘」「短母指屈筋」「大腿屈筋」「示指探指屈筋

橈骨神経」

  [★]

radial nerve
nervus radialis
筋皮神経正中神経尺骨神経腋窩神経腕神経叢




筋:上腕・前腕の伸筋、回外筋
皮:手の背側で橈側2.5指

由来

支配

  • 上腕の筋枝(後区域の伸筋)
  • 前腕の伸筋(後区域の伸筋) ←(Red,b){注意};:後骨間神経として
  • 上腕の皮枝 (N.461)
  • 手の皮枝
  • 橈骨神経浅枝・背側指神経:手掌の背側で第4指半分から外側へ第1指まで

走行 (KL.131)

臨床関連



坐骨神経」

  [★]

sciatic nerve (M), ischiadic nerve
nervus ischiadicus
仙骨神経叢
  • 下肢に行く最も太い神経
筋枝:股関節の伸展。膝関節の屈曲。足関節以遠の全運動
皮枝:大腿後面内側部。下腿の外側半。足全て

由来

支配 (KL.212)

  • 坐骨神経の枝である脛骨神経と総腓骨神経とに分けて記述するのが普通みたい。

走行

カテゴリ

仙骨神経叢>:仙骨神経叢


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



筋皮神経」

  [★]

musculocutaneous nerve (KL)
nervus musculocutaneus
橈骨神経正中神経尺骨神経腕神経叢
筋:上腕の屈筋
皮:前腕外側の皮神経

由来

支配

走行

臨床関連


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



浅指屈筋」

  [★]

flexor digitorum superficialis (K,KL,M) FDS, flexor digitorum superficialis muscle(N), superficial flexor muscle of finger
musculus flexor digitorum superficialis
深指屈筋



起始

停止

神経

機能



肘関節の運動に関与する筋」

  [★]

    • メモ M.499

肘関節屈筋

肘関節伸筋


尺側手根屈筋」

  [★]

flexor carpi ulnaris (K) FCU, flexor carpi ulnaris muscle
musculus flexor carpi ulnaris
  • 尺骨神経は前腕では尺側手根屈筋を支配する

起始

上腕骨頭上腕骨(内側上顆)
尺骨頭 :尺骨(肘頭、後面上部)

停止

豆状骨豆中手靭帯第5中手骨

神経

尺骨神経

機能

手関節の掌屈、尺屈


指屈筋総腱鞘」

  [★]

vagina synovialis communis musculorum flexorum
指屈筋総腱鞘


短母指屈筋」

  [★]

flexor pollicis brevis (K), FPB
母指球筋


大腿屈筋」

  [★]

hamstring musclehamstring
膝腱


示指探指屈筋」

  [★]

exor digitorum profundus FDP




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡