尿細管細胞毒性

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

さらに,尿細管の輸送機構は薬物を正常では細胞を毒性から保護する結合蛋白質から 切り離す。細胞内輸送は,細胞内部および細胞小器官を,新たに遭遇する化学物質に 曝す。一部の薬剤の結合部位(例,スルホヒドリル基)は,流入を容易にし,流出を妨害 ...
急性尿細管壊死は,腎機能障害または腎不全を生じる急性の尿細管細胞障害と機能 障害によって特徴づけられる。一般的な原因は,低血圧に起因する腎低灌流と腎毒性 薬物である。病態は,腎不全を発症しなければ無症候性である。診断は,低血圧イベント ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事細胞毒性」「細管」「細胞毒」「細胞」「

細胞毒性」

  [★]

cytotoxicitycytotoxic
細胞障害性細胞傷害細胞傷害性


細管」

  [★]

canaliculuscanaliculitubule
小管尿細管


細胞毒」

  [★]

cytotoxin
細胞毒素



細胞」

  [★]

cell
cellula




性」

  [★]

sex, gender





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡