尿素製剤

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 治療 角質増殖傾向の強い足白癬に対するルリコナゾール製剤の効果--単独療法と尿素製剤併用療法の無作為化比較試験
  • 高原 正和,辻 学,松田 哲男 [他]
  • 西日本皮膚科 73(2), 190-194, 2011-04-00
  • NAID 40018816339
  • ^<13>C-尿素呼気試験における口腔内・咽頭内ウレアーゼ活性の影響の検討
  • 佐野 望,大原 秀一,小池 智幸,関根 仁,今谷 晃,北川 靖,大楽 尚弘,飯島 克則,加藤 勝章,下瀬川 徹
  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 101(12), 1302-1308, 2004-12-05
  • … pylori陰性者を対象に, 13C-散剤尿素製剤を用いた場合の口腔内, 咽頭内それぞれのウレアーゼ活性, および漱ぎの仕方による尿素呼気試験 (UBT) への影響について, 呼気を経時的に採取して検討した. … よって, 散剤型尿素製剤を用いたUBTによるH. …
  • NAID 10014247230

関連リンク

尿素製剤の効果、副作用、使用上の注意とは? goo辞書提供の薬検索。約7000の薬剤の情報が名前と識別コードから検索できます。 ... アセチロール 魚鱗癬(ぎょりんせん)、老人性指掌角皮症(ししょうかくひしょう)、進行性指掌角皮症 ...
266 尿素製剤・ビタミンA・E製剤、ヘパリン類似物質 MS用 2012/03 分類 尿素製剤 商品名 ウレパールクリーム10%ウレパールローション10% ケラチナミンコーワ パスタロンクリーム、 ソフト、10ローション パスタロン20、ソフト
尿素( Urea ) 寒さに比例して空気が乾燥し、暖房を使い始めると皮膚が乾燥して痒みを訴える人が多くなりました。 皮膚の保湿効果が少なくなり掻きむしって血だらけになって来局される患者さん も多いこのごろです。 今回は保湿剤 ...

関連画像

 尿素「ヨシダ」 製剤写真一覧 尿素「ヨシダ」 製剤写真一覧用品、印刷、容器、薬局製剤 実験課題:尿素製剤化粧水

添付文書

薬効分類名

  • 角化症治療剤

販売名

**ケラベンス軟膏20%

組成

成分・含量(1g中)

  • 日本薬局方 尿素200mg 含有

添加物

  • DL-アラニン、ステアリン酸グリセリン、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ワセリン、流動パラフィン、ステアリルアルコール、トコフェロール酢酸エステル、シリコン樹脂、パラオキシ安息香酸プロピル、パラオキシ安息香酸メチル、プロピレングリコール

禁忌

(次の部位には使用しないこと)

  • 眼粘膜等の粘膜[尿素により粘膜機能を障害する。]

効能または効果

  • 魚鱗癬、老人性乾皮症、アトピー皮膚、進行性指掌角皮症(主婦湿疹の乾燥型)、足蹠部皸裂性皮膚炎、掌蹠角化症、毛孔性苔癬
  • 1日1〜数回、患部に塗擦する。

慎重投与

(次の場合には慎重に使用すること)

  • 炎症、亀裂を伴う症例[ぴりぴり感などを生ずる。]
  • 皮膚刺激に対する感受性が亢進している症例[ぴりぴり感などを生ずる。]

薬効薬理

**薬効薬理

  • 尿素は角質の水分保持量の増加作用、角質の溶解剥離作用、皮膚透過性亢進作用を有し、角質層を菲薄化させ、鱗屑を消失させる。また、乾皮・角化皮膚の水分を保持し、皮膚を正常化させる。

**生物学的同等性試験

  • ブタ摘出皮膚にケラベンス軟膏20%及び標準製剤(軟膏、20%)を塗布し高周波伝導度測定装置を用いた角層水分含有量を指標として比較した。その結果、両製剤とも同様の角層水分含有量を示し、両製剤の間に有意な差は認められず、生物学的同等性が確認された。1)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • 〔日局〕尿素(Urea)

化学名

  • urea

分子式

  • CH4N2O

分子量

  • 60.06

性状

  • 本品は無色〜白色の結晶又は結晶性の粉末で、においはなく、冷涼な塩味がある。
    本品は水に極めて溶けやすく、沸騰エタノール(95)に溶けやすく、エタノール(95)にやや溶けやすく、ジエチルエーテルに極めて溶けにくい。
    本品の水溶液(1→100)は中性である。

融点

  • 132.5〜134.5℃


★リンクテーブル★
関連記事尿素」「製剤」「

尿素」

  [★]

urea
カルバミド carbamideウレア
アセチロールイソジンシュガーパスタウリモックスウレアウレパールカフコデN配合ケラチナミンケラベンスコンベルビーノルニチカミンパスタロンパステルハップ ビタルファピロニックプラチアミンブロバリンブロムワレリル尿素 ベギンユービットワイドコール
尿素クリアランスウレアーゼ
  • 溶解度 700g/L

O=C(NH2)2

腎臓

  • 多くの組織では浸透圧物質として無効であるが、腎臓のネフロンの多くの部位では有効な浸透圧物質である (文献名不明 p.373)
  • 再吸収:近位尿細管、集合管(ADH作用時)
  • 分泌 :ヘンレプールの細い部分
  • GFRが低下すると血中尿素濃度と血中クレアチン濃度は上昇し、GFRが正常の1/3-1/4になると顕著となる。

腎髄質での尿濃縮機構

  • 腎臓における尿の濃縮は(1)腎髄質の浸透圧勾配(NaCl尿素が形成)と(2)集合管による水透過性に支配されている。
  • 尿素が腎髄質の浸透圧勾配に重要な役割を果たしている。
  • シスプラチンは尿素サイクルを抑制し、尿濃縮機構を障害する。


臨床関連

  • GFRが低下して血中に窒素化合物が蓄積している状態




製剤」

  [★]

(調剤)formulationpreparationdosage、(工業)drug product
製剤形態剤形処方準備調製投薬量投与量標品標本服用量プレッププレパラート薬用量用意用量製法


剤」

  [★]

drugagent
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡