尿素クリアランス

出典: meddic

urea clearance, CU
ウレアクリアランス
イヌリンクリアランスクレアチニンクリアランス



  • 尿中には300mM含まれる
  • 18-27 g/day (尿量を1.0-1.5 l/dayとしたとき)
  • 尿素クリアランスはイヌリンクリアランス(GFR)の約1/2
  • 濾過量の約1/2は尿細管で再吸収されることを示す。
  • 尿素クリアランスは尿素の血漿濃度に非依存的→再吸収は受動的な過程
  • 関連

[[1]]


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 目標Kt/Vが得られる透析液流量の算出法
  • 新里 高弘,林 功,加藤 竜典,原 和弘,三輪 真幹,前田 憲志
  • 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 42(12), 921-929, 2009-12-28
  • … 0.973),かつ設定Kt/V(1.15±0.21)と実測Kt/V(1.14±0.22)との間には有意の差が認められなかった.この方法を用いれば,より高い血流量とより低い透析液流量の組み合わせによる計画透析も可能になる.尿素クリアランスを変化させないという制約の下で血流量を増やし透析液流量を減らした場合,リン酸クリアランスやβ2-ミクログロブリンクリアランスに変化が生じるか否か調べた.その結果,血流量を増やして透析 …
  • NAID 10026315928
  • CAPD脱落例と継続例の検討
  • 河合 弘進,登田 久子,雨宮 賢一,樋口 次男,原沢 信雄,猪瀬 和人,小林 さつき,太田 史絵,高木 智恵子,野島 美久,成清 卓二
  • The KITAKANTO Medical Journal 49(2), 103-107, 1999
  • … 心血管系の合併症を有する症例であった.腹膜炎の頻度は, 1回 /23.8 患者月であった.<BR>継続例10例 (positive selection 9, negative selection 1;全例慢性糸球体腎炎) の腹膜機能は良好であった.平均のKt/V (K;尿素クリアランス, t;透析時間, V;尿素分布容積) は1.73と最近推奨されている値より低めであるが, いずれも全身状態は良好であり, 腹膜炎の頻度は, 1回/52.5患者月であった.<BR>CAPDを長期に続けるためには, 腹膜炎の予 …
  • NAID 130000880066
  • 高リン食投与時の腎石灰化と腎機能との関係
  • 松崎 広志,上原 万里子,鈴木 和春,佐藤 茂,五島 孜郎
  • 日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiyo shokuryo gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science 48(3), 217-223, 1995-06-10
  • … 腎機能の指標については, 血清中尿素窒素量, 尿中クレアチニン, アルブミン排泄量およびクレアチニンクリアランスが増加し, 尿素クリアランスは減少した。 …
  • NAID 10008562596

関連リンク

栄養・生化学辞典 尿素クリアランスの用語解説 - 尿素が単位時間に腎臓でクリアランス される量....
デジタル大辞泉 クレアチニンクリアランスの用語解説 - クレアチニンが腎臓の糸球体で どのくらい濾過(ろか)処理されるかを調べる腎機能 ... クレアチニンクリアランスに近い 言葉→クレアチン/クレアチニン比|クレアチニン(CRE)|尿素-クレアチニン比|クレアチニン | ...

関連画像

測定 した 尿素 クリアランス クレアチニン・クリアランスの クリアランスの考え方チャート 尿素クリアランス値は強い・HD・HFのクリアランス 尿素クリアランスの算出、Kt/V


★リンクテーブル★
先読みクレアチニンクリアランス」「イヌリンクリアランス
リンク元Cu」「urea clearance」「ウレアクリアランス
関連記事クリアランス」「尿素」「クリア

クレアチニンクリアランス」

  [★]

creatinine clearance, Ccr
クレアチニンクリアランス


クレアチニンとGFRとの解離

  • 血清クレアチニンGFRは負の相関がありかつ指数関数的な関係がある。血清クレアチニンが基準範囲よりわずかに低下するだけでもGFRは急激に低下することがある。(参考1)(参考2)

推定式

  • Ccr=((140 - age)× BW (kg))/(72×Cr(mg/dL)) (女性では×0.85)

計算

数字を入力

男 man 女 woman
歳 year-old kg mg/dl
Ccr = ml/min
eGFR = ml/min


問題点

  • GFRを過大評価する。体表面積で補正されていない。腎機能が安定している場合にのみ正確。

参考

  • 1. A more accurate method to estimate glomerular filtration rate from serum creatinine: a new prediction equation. Modification of Diet in Renal Disease Study Group.
  • Levey AS, Bosch JP, Lewis JB, Greene T, Rogers N, Roth D.SourceNew England Medical Center, Boston, MA 02111, USA. Andrew.Levey@es.nemc.org
  • Annals of internal medicine.Ann Intern Med.1999 Mar 16;130(6):461-70.
  • BACKGROUND: Serum creatinine concentration is widely used as an index of renal function, but this concentration is affected by factors other than glomerular filtration rate (GFR).OBJECTIVE: To develop an equation to predict GFR from serum creatinine concentration and other factors.DESIGN: Cross-sect
  • PMID 10075613
  • 2.
[display]http://annals.org/article.aspx?articleid=712617



イヌリンクリアランス」

  [★]

inulin clearance CIN
糸球体濾過値クレアチニンクリアランスクリアランスイヌリン



Cu」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「copperの化学記号」


urea clearance」

  [★] 尿素クリアランス


ウレアクリアランス」

  [★] 尿素クリアランス


クリアランス」

  [★]

clearance
清掃値浄化値


定義

  • 1. ある物質について、単位時間あたりどれだけの量の血液をきれいにできるか。
  • 2. ある物質が排泄されるために必要な単位時間あたりの血漿量
  • 3. ある物質が単位時間に腎によって完全に除去(清掃)される血漿の量 (生理学実習1 実習テキスト p.4,SP.777-778)
  • 4. it is defined as the rate of elimination of the drug from the body relative to the concentration of the drug in plasma

(PPC.42) [(amount/time)/(amount/volume)]

  • 5. clearance is the rate at which plasma would have to be cleared of the drug to account for the observed kinetics of change of the total amount of drug in the body, assuming that all the drug in the body is present at the same concentration as that in the plasma.(PPC.42)

意味

  • クリアランス↑→物質の排出能が高い、排出されやすい、再吸収されにくい
  • クリアランス↓→物質の排出能が低い、排出されにくい、再吸収されやすい

  • 定義1~3に基づくと
UX: Xの尿中濃度
V : 尿量~
PX: Xの血漿濃度~
CX: クリアランス(前述の定義参照)
UX・V = PX・CX
CX= V・UX/PX
  • 定義4に基づくと
Clearance = (amount/time)/(amount/volume) = 血漿からの薬物の除去速度 / 血中薬物濃度 = 単位時間あたり尿量 x 尿中薬物濃度 / 血中薬物濃度
  • 上記の式は定常状態(単位時間あたりの薬物濃度が変化しなくなった状態)における血中薬物濃度を規定する式に変形できる。定常状態では単位時間に排泄される薬物量と単位時間に取り込まれる薬物量が等しくなった状態であるから、以下の通りとなる。(PPC.44)
血中薬物濃度 = 血漿からの薬物の除去速度 / クリアランス = 薬物の血漿への投与速度 / クリアランス = bioavility x dose / (dosing interval x clearance)
  • これによれば、同一の投与間隔でdoseを2倍量にすれば、血中濃度が2倍になるということが分かる。

備考

  • 一般的にクリアランスはGFRと正比例の関係にある(TP.469)。
  • クリアランスは尿細管での再吸収や分泌と関係するので、対象とする物質の血漿濃度により変化する(TP.469)。



尿素」

  [★]

urea
カルバミド carbamideウレア
アセチロールイソジンシュガーパスタウリモックスウレアウレパールカフコデN配合ケラチナミンケラベンスコンベルビーノルニチカミンパスタロンパステルハップ ビタルファピロニックプラチアミンブロバリンブロムワレリル尿素 ベギンユービットワイドコール
尿素クリアランスウレアーゼ
  • 溶解度 700g/L

O=C(NH2)2

腎臓

  • 多くの組織では浸透圧物質として無効であるが、腎臓のネフロンの多くの部位では有効な浸透圧物質である (文献名不明 p.373)
  • 再吸収:近位尿細管、集合管(ADH作用時)
  • 分泌 :ヘンレプールの細い部分
  • GFRが低下すると血中尿素濃度と血中クレアチン濃度は上昇し、GFRが正常の1/3-1/4になると顕著となる。

腎髄質での尿濃縮機構

  • 腎臓における尿の濃縮は(1)腎髄質の浸透圧勾配(NaCl尿素が形成)と(2)集合管による水透過性に支配されている。
  • 尿素が腎髄質の浸透圧勾配に重要な役割を果たしている。
  • シスプラチンは尿素サイクルを抑制し、尿濃縮機構を障害する。


臨床関連

  • GFRが低下して血中に窒素化合物が蓄積している状態




クリア」

  [★]

clear
明らか清澄明白明瞭




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡