尿管腎盂炎

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

関連リンク

尿路に感染することで、さまざまな症状が出現することを“尿路感染症”といいます。 その ほとんどが尿道口~尿道→膀胱→尿管→腎盂というように、尿の流れとは逆に進行し ます。また、腎盂炎は腎盂だけでなく、腎臓全体に感染が及ぶことから“腎盂腎炎”とも ...
腎盂炎と膀胱尿管逆流症 通常、腎盂炎は「膀胱尿管逆流症」を伴うことが多いとされ ています。腎盂炎と診断された場合、泌尿器科医はまずこの疾患を疑うでしょう。膀胱尿 管逆流症とは膀胱にたまった尿が尿管、腎臓へと逆流する現象です。これは膀胱と尿管  ...

関連画像

 腎盂 腎炎 腎結石 腎不全 腎急性腎盂腎炎腎盂 尿管 癌 と は 腎盂 尿管 腎盂腎炎の原因と症状

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
関連記事尿管」「腎盂」「」「腎盂炎

尿管」

  [★]

ureter (Z)
輸尿管
腎臓膀胱尿道



  • 図:M.173(体表解剖)
男性 女性
前面 N.327 N.328
上面 N.350 N.349、351、354、355

神経 (KL.402)

腎盂と同じ

自律神経

求心性線維

  • 交感神経と共に走行 → L1, L2へ

生理的狭窄部 (KH.176|KL.401)

  1. 腎管から尿管に移行する部分
  2. 尿管が総腸骨動脈と交叉する部分
  3. 膀胱壁の中を通過する部分

走行(男性)

走行(女性)

  • 骨盤側壁から前内方に向かい、子宮頚と膣円蓋の約2cm外側で子宮動脈と交叉(KL.402)
  • 子宮広間膜後葉に沿って、子宮動静脈の下をくぐるように走行し、基靭帯の上部をかすめ膀胱子宮靭帯の前層と後層の間を貫いて膀胱に入る(G9M.191)
図:G9M.191 N.349

発生

  • 中腎管から尿管芽として発生。腎臓の上昇につれて尿管の開口部が上昇する
  • 胎生第3ヶ月に尿道前立腺部の上皮が増殖して周囲の間質に広がり前立腺を形成する (L.301) ⇔ 中腎管からは精管精嚢

組織 HIS.388

  • 直径3-4、長さ25-30cm
  • 粘膜・筋層、外膜
  • 粘膜:移行上皮、基底板、粘膜固有層(密不規則性結合組織)
  • 筋層:(上位2/3)内筋層、外筋層、(下位1/3)内筋層、中筋層、外筋層 ⇔消化器系では内側が

臨床関連

  • 生理的狭窄部には尿管結石が引っかかりやすく、臨床的に重要(尿管結石)
  • 女性の場合、骨盤部での尿管の走行は重要




腎盂」

  [★]

renal pelvis (Z)
腎盤


神経 (KL.402)

尿管と同じ

自律神経

求心性線維

炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症


腎盂炎」

  [★]

pyelitis
腎盂腎炎




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡