尿管損傷

出典: meddic

ureteric injury
尿管外傷

病因

  • 医原性損傷が多く、一般外傷はまれである。



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 泌尿器科領域 (特集 外科領域のステント治療の現状と展望)
  • 尿路損傷の診断と治療 (特集 腹部外傷診療) -- (損傷臓器別にみた診断と治療)

関連リンク

4. Schimpf MO, Gottenger EE, Wagner JR. Universal ureteral stent placement at hysterectomy to identify ureteral injury: a decBakas Pision analysis. BJOG. 2008 Aug;115(9):1151-8. Epub 2008 May 30 5. Liapis A, , Giannopoulos V ...
病気の症状から探す 『腎外傷・尿管損傷』 の症状、原因、治療法 腎外傷・尿管損傷 じんがいしょう・にょうかんそんしょう 【症状】 転落や交通事故などで体を強打するようなことがあった後に、強い腰痛が起こり、

関連画像

尿管損傷西調布で犬猫の病気のことなら 少ないですが、膀胱粘膜を損傷 腎臓の外傷:軽度から重度まで尿管 ステント 留置 尿管 尿管鏡)手術:経尿道的尿管


★リンクテーブル★
国試過去問101H050
関連記事尿管」「損傷」「

101H050」

  [★]

  • 32歳の男性。左側腹部痛、微熱および肉眼的血尿を主訴に来院した。前日、直径2cmの左腎結石に対して、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)を行った。
  • 最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101H049]←[国試_101]→[    ]

尿管」

  [★]

ureter (Z)
輸尿管
腎臓膀胱尿道



  • 図:M.173(体表解剖)
男性 女性
前面 N.327 N.328
上面 N.350 N.349、351、354、355

神経 (KL.402)

腎盂と同じ

自律神経

求心性線維

  • 交感神経と共に走行 → L1, L2へ

生理的狭窄部 (KH.176|KL.401)

  1. 腎管から尿管に移行する部分
  2. 尿管が総腸骨動脈と交叉する部分
  3. 膀胱壁の中を通過する部分

走行(男性)

走行(女性)

  • 骨盤側壁から前内方に向かい、子宮頚と膣円蓋の約2cm外側で子宮動脈と交叉(KL.402)
  • 子宮広間膜後葉に沿って、子宮動静脈の下をくぐるように走行し、基靭帯の上部をかすめ膀胱子宮靭帯の前層と後層の間を貫いて膀胱に入る(G9M.191)
図:G9M.191 N.349

発生

  • 中腎管から尿管芽として発生。腎臓の上昇につれて尿管の開口部が上昇する
  • 胎生第3ヶ月に尿道前立腺部の上皮が増殖して周囲の間質に広がり前立腺を形成する (L.301) ⇔ 中腎管からは精管精嚢

組織 HIS.388

  • 直径3-4、長さ25-30cm
  • 粘膜・筋層、外膜
  • 粘膜:移行上皮、基底板、粘膜固有層(密不規則性結合組織)
  • 筋層:(上位2/3)内筋層、外筋層、(下位1/3)内筋層、中筋層、外筋層 ⇔消化器系では内側が

臨床関連

  • 生理的狭窄部には尿管結石が引っかかりやすく、臨床的に重要(尿管結石)
  • 女性の場合、骨盤部での尿管の走行は重要




損傷」

  [★]

injury, lesion
傷害
  • 損傷 injury:組織の生理的な連絡が絶たれる、または機能が傷害された状態 → 機能障害が含まれる。
  • 機械的なエネルギーにより生じた損傷。
  • 外力によって生じた組織損傷を総括して創傷と言うが、皮膚や粘膜の連続性が離断した開放性損傷を<創>、連続性が保持された閉鎖性損傷を<傷>と区別して用いることがある(SLE.12)

分類(SLE.106)

  • 鈍体損傷
  • 鋭器損傷
  • 刺器・尖器によるもの
  • 銃器・火薬による損傷

参考

  • 1.
[display]http://www.jaam.jp/html/dictionary/dictionary/word/0906.htm
  • 2.
[display]http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/legal.dir/lectures/newest/node4.html



傷」

  [★]

wound
創傷傷つける





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡