尿管屈曲

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 所謂尿管屈曲症について
  • 三原 謙 他
  • 久留米医学会雑誌 23(1), ????, 1960-01-00
  • NAID 40017692982
  • 尿管屈曲症の1例
  • 垣内 誠一 他
  • 久留米医学会雑誌 22(10), ????, 1959-10-00
  • NAID 40017692684

関連リンク

腎臓を支えている周囲の組織の力が弱いために生じると考えられており、一般に、やせ ていて体つきの細い女性に多く、大部分は右側に起こります。尿管の屈曲や腎動静脈の 伸展が起こりやすく、尿流通過障害や腎盂腎炎(じんうじんえん)、尿路結石、腰痛など ...
19, 異所性尿管, Q626, L58N. 20, 下大静脈後尿管, Q626, E5EP. 21, 尿管開口異常, Q626, S55R. 22, 尿管偏位, Q626, C0JF. 23, 先天性膀胱尿管逆流, Q627, CJC0. 24 , 先天性尿管異常, Q628, VT84. 25, 先天性尿管奇形, Q628, DN2T. 26, 尿管屈曲 ...

関連画像

 尿管鏡の屈曲を妨げず、f-TUL 尿管の屈曲を認め、同部で通過stretch vl stent sensor guidewire set 内視鏡的逆行性胆道造影


★リンクテーブル★
関連記事尿管」「屈曲」「

尿管」

  [★]

ureter (Z)
輸尿管
腎臓膀胱尿道



  • 図:M.173(体表解剖)
男性 女性
前面 N.327 N.328
上面 N.350 N.349、351、354、355

神経 (KL.402)

腎盂と同じ

自律神経

求心性線維

  • 交感神経と共に走行 → L1, L2へ

生理的狭窄部 (KH.176|KL.401)

  1. 腎管から尿管に移行する部分
  2. 尿管が総腸骨動脈と交叉する部分
  3. 膀胱壁の中を通過する部分

走行(男性)

走行(女性)

  • 骨盤側壁から前内方に向かい、子宮頚と膣円蓋の約2cm外側で子宮動脈と交叉(KL.402)
  • 子宮広間膜後葉に沿って、子宮動静脈の下をくぐるように走行し、基靭帯の上部をかすめ膀胱子宮靭帯の前層と後層の間を貫いて膀胱に入る(G9M.191)
図:G9M.191 N.349

発生

  • 中腎管から尿管芽として発生。腎臓の上昇につれて尿管の開口部が上昇する
  • 胎生第3ヶ月に尿道前立腺部の上皮が増殖して周囲の間質に広がり前立腺を形成する (L.301) ⇔ 中腎管からは精管精嚢

組織 HIS.388

  • 直径3-4、長さ25-30cm
  • 粘膜・筋層、外膜
  • 粘膜:移行上皮、基底板、粘膜固有層(密不規則性結合組織)
  • 筋層:(上位2/3)内筋層、外筋層、(下位1/3)内筋層、中筋層、外筋層 ⇔消化器系では内側が

臨床関連

  • 生理的狭窄部には尿管結石が引っかかりやすく、臨床的に重要(尿管結石)
  • 女性の場合、骨盤部での尿管の走行は重要




屈曲」

  [★]

flexor (K), flexion
伸展 extension



曲」

  [★]

flexure
弯曲部




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡