尿管位置異常

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

症状がある、あるいは腎臓にかかる圧力が増加する場合は、手術が必要となります。 体のほかの部分に比べると、腎臓と泌尿器系には先天異常が多くみられます。異常は腎臓の内部、腎臓から膀胱へ尿を運ぶ管(尿管)、膀胱、膀胱 ...
概 念 [解説] 腎の先天奇形にはいろいろな分類があり、種類も様々である。おおまかな分類として、形体異常、位置異常、形成不全、血管異常、等々がある。腎の位置異常のうち、一側または両側の腎がLateralityは正常だが、位置が ...
尿管奇形は高率で腎奇形を伴うが,単独発生のこともある。合併症には閉塞および感染症ならびに尿停滞による結石形成などがある。尿管が膀胱を迂回して尿道,会陰部,または腟に終結する場合には,尿失禁が発生する。

関連画像

図1レントゲンでの結石の位置尿管鏡検査;左右の腎臓、尿管 id:minami-animal-hospital


★リンクテーブル★
関連記事尿管」「位置」「異常」「位置異常

尿管」

  [★]

ureter (Z)
輸尿管
腎臓膀胱尿道



  • 図:M.173(体表解剖)
男性 女性
前面 N.327 N.328
上面 N.350 N.349、351、354、355

神経 (KL.402)

腎盂と同じ

自律神経

求心性線維

  • 交感神経と共に走行 → L1, L2へ

生理的狭窄部 (KH.176|KL.401)

  1. 腎管から尿管に移行する部分
  2. 尿管が総腸骨動脈と交叉する部分
  3. 膀胱壁の中を通過する部分

走行(男性)

走行(女性)

  • 骨盤側壁から前内方に向かい、子宮頚と膣円蓋の約2cm外側で子宮動脈と交叉(KL.402)
  • 子宮広間膜後葉に沿って、子宮動静脈の下をくぐるように走行し、基靭帯の上部をかすめ膀胱子宮靭帯の前層と後層の間を貫いて膀胱に入る(G9M.191)
図:G9M.191 N.349

発生

  • 中腎管から尿管芽として発生。腎臓の上昇につれて尿管の開口部が上昇する
  • 胎生第3ヶ月に尿道前立腺部の上皮が増殖して周囲の間質に広がり前立腺を形成する (L.301) ⇔ 中腎管からは精管精嚢

組織 HIS.388

  • 直径3-4、長さ25-30cm
  • 粘膜・筋層、外膜
  • 粘膜:移行上皮、基底板、粘膜固有層(密不規則性結合組織)
  • 筋層:(上位2/3)内筋層、外筋層、(下位1/3)内筋層、中筋層、外筋層 ⇔消化器系では内側が

臨床関連

  • 生理的狭窄部には尿管結石が引っかかりやすく、臨床的に重要(尿管結石)
  • 女性の場合、骨盤部での尿管の走行は重要




位置」

  [★]

positionlocationlocuslocisituationtopopositionlocatesitmaprankstandliesituated
位置づけ遺伝子座横臥置く局面群落座位順位状況状態静置耐える立場立つ抵抗場所部位マップ地図で表す地図スタンド体位トポポジション地位様子嘘をつく座る

異常」

  [★]

  • n.


位置異常」

  [★]

malposition
異所 dystopia





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡