尿濃縮希釈機構

出典: meddic


SP.813
  • 髄質間質浸透圧は集合管細管における尿の濃縮に重要である。
髄質間質浸透圧 1200 mOsm/Kg・H2O
 尿素の寄与  600 mOsm/Kg・H2O
 NaClの寄与  600 mOsm/Kg・H2O
  • 対向流系が腎臓の皮質から髄質への濃度勾配形成に貢献している
  • 腎髄質を構成する尿細管と血管は対向流系をなしている (SP.814)
  • -ヘンレループ下行脚と上行脚:対向流交換系 (SP.814)
  • 直血管の下行脚と上行脚:対向流増幅系 (SP.814)

NaClによる尿濃縮

  • ヘンレループの上行脚で水吸収がなく、ヘンレループの太い上行脚でNaClを能動的再吸収する
  • 間質に移動したNaClがヘンレループの下行脚に入る、あるいは間質に水を引き込むことで濃縮される

尿素による濃縮

  • 尿素は50%が再循環する。


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 尿濃縮・希釈機構における腎プロスタグランジンE2,F2αの役割に関する研究
  • 安藤 明
  • 金沢大学十全医学会雑誌 97(3), 635-651, 1988-06-20
  • NAID 110006568605

関連リンク

<尿の希釈・濃縮の機構> 腎の髄質部は体液よりも高浸透圧となっている唯一の臓器であり、これは主として NaClと尿素とが蓄積しているためである。腎では、『腎髄質の浸透圧勾配』の図のように 髄質外層→乳頭先端に向かって ...
新着記事ラインアップ一覧 第9回 尿濃縮・希釈機構(1)尿濃縮・希釈機構の基礎(対向流交換系と増幅系) ... 第9回 尿濃縮・希釈機構(1)尿濃縮・希釈機構の基礎(対向流交換系と増幅系) Nephrology Frontier Vol.8, No.1, 51-55 ...
« ADHの存在は尿の・・・ 尿の希釈機構 » 尿の濃縮機構 2012-07-11 17:50:22 テーマ:腎機能 まずHenleの太い上行脚で再吸収されたナトリウムとクロールは髄質に蓄積し間質の浸透圧を上昇させる。 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元対向流交換系
関連記事機構」「濃縮」「希釈

対向流交換系」

  [★]

countercurrent exchanger system
対向流系 countercurrent system
尿濃縮希釈機構



機構」

  [★]

mechanismmachinery、(団体)organizationmechanistic
器質化機序組織組織化組成機作メカニズム仕組み機械類機構的マシナリー


濃縮」

  [★]

enrichmentconcentrationcondensationenrichconcentrateconcentrated、(aj,abrv)conc.
凝結凝縮集中縮合濃縮物濃度


希釈」

  [★]

dilutiondiluteattenuant
希釈度希釈法希薄、薄い




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3