尿意切迫頻尿症候群

出典: meddic

urgency-frequency syndrome


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

頻尿では、過活動膀胱(尿意切迫感を必須とした症状症候群)が疑われる場合も ありますが、実際その原因はさまざまで、過活動膀胱診療ガイドライン*のアルゴリズム では、除外すべき疾患が示されています。その一つが、心因性頻尿(神経性頻尿)です。
2010年3月15日 ... 急に尿意をもよおし我慢できない尿意切迫感と頻尿に悩まされる。この蓄尿 ... 【今日の ストレス 明日の病気】「頭痛」なるたびに起こる病気恐怖症 緊張ほぐせば消えるが… 7.27 ... 病気チェック】異常な不快感で睡眠障害に むずむず脚症候群 ...

関連画像

過活動膀胱とは、尿意切迫感を 頻尿・尿意切迫・尿失禁は自分 過活動膀胱(OAB)とはウロギネットてらす|野村昌良 図1 尿意切迫感、頻尿、切迫性 ぼくはアスペルガー症候群


★リンクテーブル★
関連記事症候群」「頻尿」「尿意切迫」「」「切迫

症候群」

  [★]

syndrome, symptom-complex
症状群
[[]]
  • 成因や病理学的所見からではなく、複数の症候の組み合わせによって診断される診断名あるいは疾患


内分泌

先天的代謝異常

高プロラクチン血症

分娩後の視床下部障害によるプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制のため、高プロラクチン血症を呈する。
分娩に関係なくプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制をきたし、高プロラクチン血症を呈する。

性腺機能低下

嗅覚の低下・脱出、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
肥満、網膜色素変性症、知能低下、低ゴナドトロピン性性器発育不全、多指症、低身長

性早熟

思春期早発症、多発性線維性骨異形成症、皮膚色素沈着
女性型の肥満、性器の発育障害の2主徴を示し、視床下部に器質的障害をもつ疾患群。

脳神経外科・神経内科

  • Wallenberg症候群 ワレンベルグ症候群:椎骨動脈、後下小脳動脈の血栓塞栓症などで生じる。頚部より下位で温度覚の障害が健側に出現するのに対し、頚部より上位では障害側に温度覚の障害が出現する。



頻尿」

  [★]

pollakiuria, pollakisuria, frequent urination, frequent micturition, urinary frequency
尿乏尿無尿頻尿症尿意頻数排尿回数機能性膀胱容量


定義

  • 排尿回数が異常に多いこと
  • 1. 昼間頻尿を8回以上、夜間頻尿(夜間多尿症)を2回以上(日本泌尿器科学会排尿障害臨床試験ガイドライン)
  • 2. 1日10回以上、就眠時 2回以上の排尿

原因

  • 1. 膀胱への刺激(膀胱粘膜の浮腫):急性膀胱炎、急性前立腺炎、膀胱結石、膀胱腫瘍、前立腺肥大症
  • 2. 残尿の増加(機能性膀胱容量の減少):前立腺肥大、前立腺癌、膀胱頚部硬化症、神経因性膀胱、尿路狭窄
  • 3. 膀胱容量の減少:萎縮膀胱(脊髄損傷や膀胱結石)、膀胱外からの圧迫(子宮筋腫、子宮外妊娠、卵巣腫瘍)
  • 4. 排尿反射抑制路の障害:心因性膀胱(脳梗塞など)
  • 5. 多尿(尿量の増加):糖尿病、尿崩症、心不全
  • 6. 心因性:神経性頻尿


尿意切迫」

  [★]

urinary urgency, urgency of urination
tenesmus vesicae
尿意逼迫、尿意切迫感、尿しぶり urinary tenesmus
膀胱テネスムステネスムス



群」

  [★]

group
グループ集団分類群れグループ化


切迫」

  [★]

threatenimminent
脅迫脅かす




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡