尿中酵素

出典: meddic

urinary enzyme


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • イヌにおける新規腎毒性バイオマーカー測定の試み
  • 向井 大輔
  • 日本毒性学会学術年会 40.1(0), 2013, 2013
  • … が期待される.今回我々は,近位尿細管細胞に障害を起こすことで知られるシスプラチンを静脈内投与することによって血清中BUN,Crea等の古典BMの濃度増加,N-アセチルグルコサミニダーゼ,LD,γ-GTP等の尿中酵素の増加が認められ,病理組織学的検査においても腎尿細管の単細胞壊死および再生像や硝子円柱などの組織変化が認められるイヌ腎障害モデルを作出した.本発表では,これら従来のモニター項目に加え, …
  • NAID 130004676795
  • SD及びWistarラットにおける腎障害バイオマーカーとしての尿中L-FABPの評価
  • 鈴木 慶幸,高橋 真樹,杉山 賢,高尾 みゆき,池田 元太,小松 弘幸,門田 利人,及川 剛,田口 景子,筑广 紗弥香,菅谷 健,齋藤 明美
  • 日本毒性学会学術年会 40.1(0), 1002032, 2013
  • … 経時的に尿採取及び頚静脈より採血を行い,尿中L-FABP,BUN,血清クレアチニン(sCr),尿中酵素活性を測定し,病理組織学的検査を行った.尿中L-FABP測定は増感型ELISA法を用いた.【結果】GMモデルでは,4回反復投与後に腎臓近位尿細管に軽微な泡沫性の好酸性物が認められたが,BUN及びsCrは変動しなかった.尿中酵素活性では,LDHの変動はなかったが,g-GTP及びNAGは初回投与後48時間から上昇した.ま …
  • NAID 130004676512
  • 尿検査 尿中アラニンアミノペプチダーゼ (広範囲 血液・尿化学検査,免疫学的検査(第7版・1)その数値をどう読むか) -- (一般検査(尿・髄液・糞便検査を含む))
  • 佐藤 利彦,村山 正洋,初田 佐和子 [他]
  • 日本臨床 67(-), 158-160, 2009-12
  • NAID 40016874454

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
関連記事酵素

酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡