尿タンパク定量法

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

関連リンク

臨床的意義 ・尿中に排泄される総蛋白質を定量します。・尿蛋白は健常人でもごく微量(数十mg/day)認められますが、試験紙法では陰性です。・一般に1日総蛋白排泄量が150mf以上を病的蛋白尿と呼びます。・血漿蛋白が病的に増加 ...
臨床的意義 尿中の蛋白量を測定し、腎疾患の早期発見や治療効果をみる検査。 腎泌尿器系疾患のスクリーニングに用いられるもっとも基本的な検査のひとつである。 尿蛋白の測定には、一般に試験紙法による半定量がスクリーニング ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事尿」「定量」「」「定量法

尿」

  [★]

urine
urina
尿浸透圧尿量


臨床関連

尿中への代謝物質の異常排出

尿の色

決定する要素:ウロビリノゲンヘモグロビンミオグロビンなど


定量」

  [★]

determinationquantitative determinationdetermineassay
アッセイ決定検定検定法、試験法、測定測定法判定分析特定確定アッセイ法


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


定量法」

  [★]

-metry
測定法分析法




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡