家族性筋萎縮性側索硬化症

出典: meddic

familial amyotrophic lateral sclerosisFALS

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 2P-2110 誘導パラメトリック発光(SPE)顕微鏡を用いた家族性筋萎縮性側索硬化症(FALS)に関する基礎的研究(10a センサー、計測工学,一般演題,センサー計測技術,伝統の技と先端科学技術の融合)
  • 石井 万紀子,小関 泰之,宮田 信吾,遠山 正彌,内山 進,松永 幸大,伊東 一良,福井 希一
  • 日本生物工学会大会講演要旨集 平成22年度, 138, 2010-09-25
  • NAID 110008084866
  • SOD1^<L126S>遺伝子変異をみとめた高齢発症緩徐進行性の家族性筋萎縮性側索硬化症の1家系例
  • 岩島 とも,立石 貴久,山崎 亮,本村 今日子,大八木 保政,吉良 潤一
  • 臨床神経学 50(3), 163-167, 2010-03-01
  • NAID 10026291608
  • 家族性筋萎縮性側索硬化症とTDP-43 (特集 神経変性疾患におけるTDP-43)
  • 石原 智彦,横関 明男,西澤 正豊 [他]
  • 最新医学 65(7), 1648-1653, 2010-07
  • NAID 40017198929

関連リンク

主に中年以降に発症し、一次運動ニューロン(上位運動ニューロン)と二次運動ニューロン(下位運動ニューロン)が選択的にかつ進行性に変性・消失していく原因不明の疾患である。症状は、筋萎縮と筋力低下が主体であり、進行すると ...
家族性筋萎縮性側索硬化症2型 池田穰衛(東海大学大学院医学研究科脳神経疾患研究センター) 要旨 ALS2遺伝子は、2001年に我々の研究グループにより同定された常染色体劣性遺伝形式を示す 若年発症型筋萎縮性側索硬化症2型 ...

関連画像

筋萎縮性側索硬化症ALSの分類と家族性ALSについて ALS(筋萎縮性側索硬化症  の概要> 筋萎縮性側索硬化症若年発症型筋萎縮性側索硬化症 さて、次に筋萎縮性側索硬化症


★リンクテーブル★
リンク元FALS」「familial amyotrophic lateral sclerosis
関連記事筋萎縮」「硬化」「側索硬化症」「家族」「萎縮

FALS」

  [★]

  • 家族性筋萎縮性側索硬化症
familial amyotrophic lateral sclerosis


familial amyotrophic lateral sclerosis」

  [★]

家族性筋萎縮性側索硬化症

FALS


筋萎縮」

  [★]

muscle atrophy, muscular atrophy
  神経原性 筋原性
下位運動ニューロン障害 ミオパチー
筋萎縮 遠位筋中心 近位筋中心
線維束性収縮
原因疾患例 筋萎縮性側索硬化症 筋ジストロフィー
Charcot-Marie-Tooth病 多発筋炎
多発神経炎 内分泌ミオパチー
 
例外 近位筋が主に冒される 遠位筋が主に冒される
Kugelberg-Welander病 筋強直性ジストロフィー
Kennedy-Alter-Sung症候群 遠位型筋ジストロフィー
Werdnig-Hoffmann病  



硬化」

  [★]

consolidationstiffeningcuringhardeningindurationsclerosishardenindurated
加硫強化硬化症固定治療ハードニング圧密硬結
コンソリデーション


側索硬化症」

  [★]

lateral sclerosis
運動ニューロン疾患下位運動ニューロン疾患原発性側索硬化症前角細胞疾患上位運動ニューロン疾患運動系疾患二次運動ニューロン病痙性脊髄麻痺

家族」

  [★]

家系性家族性家庭系統群産生親戚ファミリファミリー一対ファミリーメンバー家族特性


萎縮」

  [★]

atrophy
atrophia
退縮肥大過形成

概念

  • 正常の大きさに発育・分化した臓器・組織・細胞が二次的に縮小し、体積を減ずること。 ⇔aplasia hypoplasia





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡