子嚢菌

出典: meddic

ascomyceteAscomycotaascomycetous
子嚢菌類子嚢菌門コクリオボルス属スクレロティニア属

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/12/16 06:09:10」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 韓国産モジゴケ科(子嚢菌門,ビンタケ目)の新種及び注目種
  • 文 光喜,中西 稔,柏谷 博之
  • 植物研究雑誌 87(5), 320-325, 2012-10-00
  • NAID 40019469594
  • 子嚢菌類のEF-handタンパク質の分類
  • 台湾産サルオガセ属(ウメノキゴケ科,子嚢菌門)について
  • 大村 嘉人
  • 国立科学博物館専報 (48), 91-137, 2012-03-00
  • NAID 40019550633

関連リンク

子嚢菌門(しのうきんもん)は、菌界に属する分類群の一つであり、担子菌門と並ぶ高等 菌類である。減数分裂によって生じる胞子を袋(子嚢)の中に作るのを特徴とする。 目次. 1 特徴; 2 生活環. 2.1 不完全菌. 3 子嚢; 4 子実体; 5 命名法; 6 分類. [編集] 特徴 ...

関連画像

子嚢菌類 Ascomycetes 子嚢 ascus を コウジ(子嚢菌)二重膜の子嚢の途中がパカッと Marine Fungi are Totally Badass子嚢菌門きのこ会観察風景・きのこ


★リンクテーブル★
先読みAscomycota」「ascomycetous
リンク元真菌」「Histoplasma capsulatum」「酵母」「ascomycete」「コクリオボルス属
拡張検索子嚢菌関連不完全菌
関連記事」「子嚢

Ascomycota」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a large subdivision of Eumycota including Hemiascomycetes and Plectomycetes and Pyrenomycetes and Discomycetes; sac fungi; in some classification systems considered a division of the kingdom Fungi」
subdivision Ascomycota, Ascomycotina, subdivision Ascomycotina


ascomycetous」

  [★]

  • 子嚢菌の
ascomyceteAscomycota

WordNet   license wordnet

「related to or characteristic of fungi of the class Ascomycetes」


真菌」

  [★]

fungus, (pl.)fungi
かび菌類 Mycota
微生物学真菌症抗真菌薬


細菌、真菌、藻類、原虫

  • いずれも単細胞生物
  • 細菌は核を持たないが、それ以外は核を持つ
  • 細胞壁の多糖:細菌はペプチドグリカンなど。真菌はβグルカン、キチン。藻類はセルロース。原虫は細胞壁を持たない
  • 栄養獲得様式:藻類は光合成独立栄養生性。

大きさ

  • 数μm。観察に油浸レンズは不要

細胞膜

細胞壁

線維状多糖

  • 細胞壁の骨格となる
  • キチンとβ-グルカンからなる。
  • 特殊な多糖にキトサンがある

キチン

β-グルカン

  • グルコースのホモ重合体
  • β(1→3)結合、β(1→6)結合
  • 酵母では細胞壁成分にβ-1,3-グルカンが多い

キトサン

糖タンパク質

形態による分類

Coccidioides immitis
Histoplasma capsulatum
Sporothrix schenckii
Candida albicans

培養と感染組織における形態


菌糸の構造

接合菌などの下等真菌にのみ見られる

菌糸の機能

生殖方式による分類

有性生殖と無性生殖

  • 有性生殖と無性生殖を行う
  • 無性生殖のみ行う

有性胞子形成

無性胞子形成

培養

  • グルコース1-4%, ペプトン1%

種類

真菌の染色法(SMB.358)

  • 細胞壁の多糖を染色:コットンブルー(cotton blue)、グラム染色(全ての真菌はグラム陽性)
  • 真菌細胞壁多糖を特異的に染色:PAS染色、Grocottメテナミン銀染色、ファンギフローラY

参考

  • 真菌の写真 - Fungal Images

病原体としての真菌

分類群 菌名 病名 出芽分裂 菌体 菌糸 胞子 発芽管 寄生性 感染経路 病原体の特徴 病型 検査 治療
不完全菌 Candida albicans カンジダ症     仮性菌糸 厚膜胞子 形成   常在菌→各所 日和見感染症      
担子菌 Filobasidiella neoformans クリプトコッカス症 出芽 厚い莢膜       通性細胞内寄生体 鳩の乾燥糞→空気感染→肺(通性細胞内寄生体) 日和見感染菌 肺クリプトコッカス症
中枢神経クリプトコッカス症、
皮膚クリプトコッカス症
全身性クリプトコッカス症
墨汁染色 ( アムホテリシンB or フルコナゾール )
  ± フルシトシン
不完全菌 Trichosporon asahii トリコスポロン症     仮性菌糸 分節分生子              
子嚢菌 Aspergillus fumigatus/
'Aspergillus flavus
アスペルギルス症   糸状菌
不完全菌
有隔菌糸       土壌や朽ちた植物、空気中の浮遊胞子        
  Mucor/'Rhizopus/
Absidia/Rhizomucor
ムコール症     無隔菌糸     血管に親和性 土壌や朽ちた植物、空気中の浮遊胞子
 → 浮遊胞子の吸入
  鼻眼脳型ムコール症
侵襲性肺ムコール症
全身播種型ムコール症
β-D-グルカン陰性。
喀痰、血培陰性
アムホテリシンB
子嚢菌 Pneumocystis jirovecii
('Pneumocystis carini)
ニューモシスチス・カリニ感染症                      
子嚢菌 Histoplasma capsulatum ヒストプラスマ症 二形性真菌
 37℃酵母型発育
 25℃菌糸形成
          空気感染。肺に一次病変を作り様々な臓器に播種 AIDS患者に好発      
不完全菌 Coccidioides immitis コクシジオイデス症 二形性真菌     内生胞子              
不完全菌 Sporothrix schenckii スポロトリクス症 二形性真菌                    


Histoplasma capsulatum」

  [★]

ヒストプラスマ属、真菌

生物的特徴

  • 真菌
  • 子嚢菌に属する有性世代を持つ二形性真菌。組織内および37℃培養で酵母形発育、25℃で菌糸形発育 (SMB.344)

分布

  • 米国中部・西部、東南アジア、アフリカなどの特定地域 (SMB.344)

米国

  • 中央ミシシッピー、オハイオ州など中東部の渓谷に多い(風土病)
  • 鶏舎付近の土壌や肥料として用いた鶏糞に生息し、空気感染する

感染症

  • 病巣の広がり方は深在性真菌症を起こす真菌の間で共通点が多い。
  • AIDS患者に好発 (SMB.344)

参考

  • 真菌の写真 - Fungal Images


酵母」

  [★]

yeast
真菌Saccharomyces cerevisiae




ascomycete」

  [★]

子嚢菌子嚢菌類

ascomycetousAscomycotaCochliobolusSclerotinia

WordNet   license wordnet

「any fungus of the class Ascomycetes (or subdivision Ascomycota) in which the spores are formed inside an ascus」
ascomycetous fungus


コクリオボルス属」

  [★]

Cochliobolus
子嚢菌スクレロティニア属Cochliobolus属


子嚢菌関連不完全菌」

  [★]

子嚢菌不完全菌


菌」

  [★]

fungusfungimicrobial
菌類真菌真菌類微生物


子嚢」

  [★]

sporosac, asci, ascus




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡