好気性感染

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

しかし、嫌気性菌感染症は大抵複数菌感染なので、当初より好気性菌感染の合併も考慮した抗生剤選択も必要です。膿瘍を形成すると抗生剤も到達しづらくなり、排膿と空気と接触させる意味でも外科的切開 ...
好気性菌と嫌気性菌 大半の細菌は酸素があるところで生き、成長します。このような細菌を好気性菌といいます。逆に、低濃度の酸素でないと生きられなかったり、酸素が毒性に働く細菌もあり、これらは嫌気性菌と呼ばれます。

関連画像

Campylobacter / カンピロバクターcatheter_infection_1.gif3:感染症と生体防御|竹内 細胞 に 好気性 菌 が 感染 して


★リンクテーブル★
関連記事感染」「気性」「好気」「好気性

感染」

  [★]

infection
定着感染症不顕性感染顕性感染サブクリニカル感染
  • 細菌が宿主の体表面、体内や組織内に付着して増殖し、定着している状態。
  • 感染の成立には微生物(定着能、増殖能、細胞内進入能、毒素産生能などを総合した病原性)と宿主(排除能、殺菌能などの生体防御機構)の力関係が崩れたときに生じる



気性」

  [★]

temperament
気質
  • 生まれながらの性質をいう。「次第に気性が荒くなってきた」という言い方は誤り。少なくとも精神医学的では。

好気」

  [★]

aerobic
好気性好気的有酸素有酸素性


好気性」

  [★]

aerobic
好気好気的有酸素有酸素性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡