好塩基球減少

出典: meddic

和文文献

  • 好塩基球減少
  • 別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ, 168-169, 2013-03
  • NAID 120005478882
  • メシル酸イマチニブによる急激な好塩基球減少を契機に全身性紅斑を呈した慢性骨髄性白血病
  • 臨床血液 = The Japanese Journal of Clinical Hematology 46(11), 1226-1228, 2005-11-30
  • NAID 10016878506

関連リンク

血液1マイクロリットルあたりの好塩基球数は0~300個で、血液中の白血球の3%未満です。好塩基球は、免疫系における監視機能と傷の治癒の役割を担っています。また、ヒスタミンなどのメディエーターを放出し、アレルギー反応の ...
3500以下・・・確実な減少 (↑):感染症[球菌・桿菌]・白血病・悪性リンパ腫・中毒・造血器疾患・アレルギー疾患・G-CSF使用時 (↓):感染症[ウイルス]・血液疾患・アナフィラキシー様ショック 【注意】 放射線照射・抗ガン剤 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事好塩基球」「好塩基」「

好塩基球」

  [★]

basophil (Z), basophils
好塩基性顆粒球 basophilic granulocyte
顆粒球白血球


組織学

顆粒

  • アズール顆粒
  • 水解酵素
  • 特殊顆粒

基準値

  • 好酸球比(対白血球):0-1%

機能

  • 肥満細胞と同じような機能を果たす。
  • 肥満細胞と共にI型アレルギーの開始に関与する
  • 好塩基球は血液中に存在。肥満細胞は肥満細胞は結合組織や粘膜に存在。
  • 由来は異なる
  • FcεRIに結合したIgEを介してアレルゲンを結合し、ケミカルメディエーターを放出
  • 好塩基球はI型アレルギーの際に増加しない (⇔好酸球)


臨床関連


好塩基」

  [★]

basophilic
好塩基球性塩基好性好塩基性

少」

  [★]

oligo
オリゴ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡