太田母斑

出典: meddic

Ota's nevusnevus of Ota
nevus Ota
眼上顎褐青色母斑 nevus fuscoceruleus ophthalmomaxillaris褐青色母斑 nevus fuscoceruleus眼皮膚メラノサイトーシス oculodermal melanocytosis
母斑メラノサイト系母斑真皮メラノサイト系母斑



国試




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

関連リンク

太田母斑。太田母斑とはどんな病気か 頬部(きょうぶ)を中心とした顔面(眼の周囲が ほとんど)の片側、時に両側に青色からやや褐色の小さい点が集まって斑をつくってい ます(図71上)とくに女性に多くみられます。出生直後 gooヘルスケア 家庭の医学。
生まれつきの太田母斑というあざのレーザー治療経過を写真付きでわかりやすくまとめ たホームページです。交流掲示板やあざ用ファンデーション情報も掲載しております。

関連画像

腫れて いますさよなら太田母斑20100422120427太田 母斑 正式 名 両側 性 遅発 太田母斑の治療こんにち は ★ 大変 ご無沙汰 お詫び…‥・


★リンクテーブル★
先読みnevus fuscoceruleus ophthalmomaxillaris
国試過去問101H049」「105G026」「102A008」「098H008」「102E039」「096H009」「076B040
リンク元眼上顎褐青色母斑」「伊藤母斑」「眼皮膚メラノサイトーシス」「褐青色母斑」「Ota's nevus
関連記事母斑」「

nevus fuscoceruleus ophthalmomaxillaris」

  [★] 眼上顎褐青色母斑眼上顎部褐青色母斑


101H049」

  [★]

  • 48歳の女性。顔面の色素斑を主訴に来院した。幼少期から右頬部に色素斑があり、思春期から色調が濃くなってきた。色素斑の写真を以下に示す。
  • 処置として適切なのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 101H048]←[国試_101]→[101H050

105G026」

  [★]

  • 新生児期から乳児期にみられる皮膚所見(別冊No.5①~⑤)を別に示す。
  • 日本人で最も頻度が高いのはどれか。


  • a ①
  • b ②
  • c ③
  • d ④
  • e ⑤


[正答]


※国試ナビ4※ 105G025]←[国試_105]→[105G027

102A008」

  [★]

  • 疾患と対応の組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。 
[正答]


※国試ナビ4※ 102A007]←[国試_102]→[102A009

098H008」

  [★]

  • 真皮メラノサイトから生じるのはどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 098H007]←[国試_098]→[098H009

102E039」

  [★]

  • メラニン性色素斑がみられるのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 102E038]←[国試_102]→[102E040

096H009」

  [★]

  • 自然消退する乳幼児の皮膚病変はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096H008]←[国試_096]→[096H010

076B040」

  [★]

眼上顎褐青色母斑」

  [★]

nevus fuscoceruleus ophthalmomaxillaris
naevus fuscocaeruleus ophthalmomaxillaris
眼上顎部褐青色母斑
太田母斑眼メラノーシス
[show details]


伊藤母斑」

  [★]

nevus of Ito
肩峰三角筋部褐青色母斑、太田母斑



眼皮膚メラノサイトーシス」

  [★] 眼皮膚メラノサイトーシス太田母斑


褐青色母斑」

  [★]

nevus fuscoceruleus
太田母斑


Ota's nevus」

  [★]

太田母斑

nevus of Ota


母斑」

  [★]

nevus, birthmark
naevus
あざ

定義

  • 遺伝的ないし胎生的素因に基づき、生涯のさまざまな時期に発現し、きわめて徐々に発育し、皮膚の色調あるいは形の異常を主体とする限局性の皮膚の奇形

分類

由来による分類

  • A. メラノサイト系母斑(神経堤由来):
  • B. 上皮細胞系母斑
  • C. 間葉細胞系母斑

母斑

  • a. 母斑細胞母斑 nevus cells nevus
通常型
特殊型
  • D. 皮膚の色素異常を伴うその他の母斑

神経皮膚症候群



斑」

  [★]

macula
発疹




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡