大脳鎌

出典: meddic

cerebral falx (KL,M,B), falx cerebri (KH,KA,N)
falx cerebri
硬膜大脳縦裂大脳半球上矢状静脈洞下矢状静脈洞




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 大脳鎌, 傍矢状洞部および円蓋部髄膜腫に対するガンマナイフ治療
  • 長谷川 俊典,木田 義久,吉本 真之,飯塚 宏,石井 大,吉田 康太
  • CI研究 : progress in computed imaging 31(3), 153-158, 2009-12-31
  • NAID 10026325263
  • 頭部CTで大脳鎌の石灰化が確認された基底細胞母斑症候群の2例
  • 中野 旬之,山本 淳子,新谷 素子,金崎 朋彦,太田 嘉幸,清水 英孝,松本 憲,由良 義明
  • 大阪大學齒學雜誌 = The Journal of Osaka University Dental Society 52(2), 47-51, 2008-04-20
  • NAID 10026062047

関連リンク

脳硬膜の中心部(大脳鎌付近)の内面構造(内側)です。大脳鎌と脳硬膜は交差部分にT字構造をつくり、その中に上矢状静脈洞を入れますこの静脈洞には脊髄液を吸収するためのくも膜顆粒が入り、脊髄液を静脈に吸収します。
抜粋 目次: ... 白質6 /交連線維と連合線維6 髄膜(硬膜・クモ膜・軟膜)7 /大脳鎌・小脳テント・小 脳鎌7 ... この本のページをランダムに表示する 本: 全126商品を見る
スリービー・サイエンティフィック|脳の右半球の断面模型。片面は大脳鎌を表示,もう片面は脳室を表示しています。ネット通信販売可能。 ... 当社が管理業務を委託している倉庫から直接出荷されますので迅速なお届けが可能です ...

関連画像

大脳鎌髄膜腫大脳鎌momiのブログ-頭蓋_膜_01大脳鎌 QS8/6髄膜 - 冠状 :脳硬膜, 大脳鎌 図/大脳鎌・小脳鎌・小脳


★リンクテーブル★
先読み上矢状静脈洞」「大脳縦裂」「硬膜」「下矢状静脈洞」「大脳半球
リンク元キアリ奇形
関連記事大脳

上矢状静脈洞」

  [★]

superior sagittal sinus (KH)
上矢状洞
sinus sagittalis superior
硬膜静脈洞、小脳の静脈、大脳の静脈


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


大脳縦裂」

  [★]

longitudinal cerebral fissure (N,KH,KL), longitudinal fissure of cerebrum
fissura longitudinalis cerebri
大脳半球間裂 interhemispheric fissure
大脳半球



硬膜」

  [★]

dura mater
dura pachymeninx
脳硬膜脊髄硬膜髄膜


神経


下矢状静脈洞」

  [★]

inferior sagittal sinus (KH)
sinus sagittalis inferior
小脳の静脈、硬膜静脈洞



大脳半球」

  [★]

cerebral hemisphere (KH)
hemispherium cerebri
大脳



キアリ奇形」

  [★]

Chiari malformation
Chiari奇形アーノルド-キアリ症候群 Arnold-Chiari syndrome、アーノルド・キアリ奇形 Arnold-Chiari奇形 Arnold-Chiari malformation、キアリ-アーノルド奇形 Chiari-Arnold malformation


定義

  • 先天性水頭症を伴う小脳奇形の4型 → アーノルド・キアリ奇形(1891年Chiariが記載) → 後脳奇形全体をまとめてアーノルド・キアリ症候群とよぶ
  • アーノルド・キアリ奇形はキアリ奇形II型を指す。

Chiari奇形I型とChiari奇形II型。その他

SCN.282改変
  I型 II型 III型 IV型
脊柱管への陥入 小脳扁桃 延髄
第四脳室
小脳虫部
(頚部の二分脊椎部に
小脳が陥入(脳瘤)

延髄下垂。水頭症)
(小脳の形成不全)
発症年齢 小児、成人 乳幼児    
臨床症状 非特異的 喉頭喘鳴、
無呼吸発作、
嚥下困難
   
水頭症 +++    
脊髄髄膜瘤 +++    
脊髄空洞症 ++    

病型 SOR.437

I型

  • 小脳扁桃の下垂
  • (MRI像、頭蓋底陥入症、脊髄空洞症合併が見られる。矢頭は小脳扁桃)
  • 脊髄空洞症を伴いやすい

II型

異常部位

大脳 脳梁形成不全、大脳鎌形成不全、小多脳回
小脳 下垂
中脳 中脳水道の閉塞
 
延髄 下垂
脳室 水頭症(ほぼ全例)(側脳室・第3脳室の拡大、側脳室後角の拡大)
脊椎 脊髄髄膜瘤(ほぼ全例)


III型

  • 頚部の二分脊椎部に小脳が陥入(脳瘤)。延髄下垂。水頭症


IV型

  • 小脳の形成不全



大脳」

  [★]

cerebrum
ブロードマン野



ブロードマン野

感覚野、運動野

  • 身体各部局在 →

発生学

前脳 prosencephalon
forebrain
終脳 telencephalon 大脳半球 cerebral hemisphere
間脳 diencephalon 間脳 diencephalon
中脳 mesencephalon
midbrain
中脳 mesencephalon 中脳 midbrain
菱脳 rhombencephalon
hindbrain
後脳 metencephalon pons
小脳 cerebellum
髄脳 myelencephalon 延髄 medulla oblongata

機能障害

  優位半球 劣位半球
側頭葉 感覚性失語、Wernicke失語、同名性上1/4半盲
頭頂葉 対側の感覚
ゲルストマン症候群(手指失認、左右識別障害、失算、失書) 半側空間無視、病態失認、自己身体失認など
前頭葉 対側の運動麻痺、眼球運動(対側への追視)障害、運動性失語、知的及び精神的高次機能障害など
後頭葉 対側の同名半盲、両側後頭葉の障害ではアントン症候群
小脳 筋共同運動障害、運動・平衡障害に関係し、運動失調を呈する。測定異常、反復拮抗運動障害、筋緊張低下、運動過多、歩行異常、異常姿勢、発語障害、眼振など




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡