大建中湯

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/02/27 16:02:34」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 方剤における生薬の役割(5)乾姜 : 大建中湯
  • 私がいちばん好きな処方(第6回)大建中湯

関連リンク

大建中湯とは?効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 概説 腹痛やお腹の張りをやわらげる漢方薬です。 作用 【働き】 大建中湯(ダイケンチュウトウ)という方剤です。
大建中湯のエビデンス情報を集めたサイトです。 ... 大建中湯(だいけんちゅうとう)は、日本で最も使われている漢方薬であり、腹痛や腹部膨満感などの下部消化管症状に使われる処方です。

関連画像

コタロー 大建中湯 エキス細粒 大建中湯大建中湯の詳細 | 特徴・効果 ツムラ大建中湯)大建中湯ツムラ大建中湯エキス顆粒

添付文書

薬効分類名

  • 漢方製剤

販売名

コタロー大建中湯エキス細粒

組成

  • 本剤27.0g中
    日局サンショウ 2.0g
    日局カンキョウ 5.0g
    日局ニンジン  3.0g
    上記の混合生薬より抽出した大建中湯の水製乾燥エキス2.1gと
    *日局コウイ     20.0g
    を含有する。
    添加物としてステアリン酸マグネシウム、トウモロコシデンプン、乳糖水和物、プルラン、メタケイ酸アルミン酸マグネシウムを含有する。

効能または効果

  • 腹壁胃腸弛緩し、腹中に冷感を覚え、嘔吐、腹部膨満感があり、腸の蠕動亢進と共に、腹痛の甚だしいもの。
    胃下垂、胃アトニー、弛緩性下痢、弛緩性便秘、慢性腹膜炎、腹痛。
  • 通常、成人1日27.0gを2〜3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。
    なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 肝機能障害のある患者[肝機能障害が悪化するおそれがある。]

重大な副作用

間質性肺炎:

  • 咳嗽、呼吸困難、発熱、肺音の異常等があらわれた場合には、本剤の投与を中止し、速やかに胸部X線、胸部CT等の検査を実施するとともに副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。

肝機能障害、黄疸:

  • AST(GOT)、ALT(GPT)、Al−P、γ−GTPの上昇等を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。


★リンクテーブル★
拡張検索大建中湯エキス

大建中湯エキス」

  [★]

漢方製剤大建中湯




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡