夜間間欠的腹膜透析

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Neisseria subflava 腹膜炎を発症した1型糖尿病の腹膜透析患者の1例
  • 小寺 永章,三瀬 直文,内田 梨沙,石本 遊,田中 基嗣,田中 真司,栗田 宜明,杉本 徳一郎
  • 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 44(4), 319-322, 2011-04-28
  • … 34歳,男性.1型糖尿病による腎不全のため,2008年4月腹膜透析(peritoneal dialysis:PD)導入し,マニュアル接続によるダブルバッグシステムにて夜間間欠的腹膜透析(nocturnal intermittent peritoneal dialysis:NIPD)を施行していた.2009年1月22日腹痛・下痢・嘔吐・PD排液混濁を認め受診.来院時体温37.4℃,腹膜刺激症状あり,WBC 12,800/μL,CRP 1.1mg/dL,PD排液WBC 2,500/μLと上昇しており,腹膜炎と診断した.セファゾリン(CEZ),セフ …
  • NAID 10029406293

関連リンク

患者にとって昼間はより自由になるが,わずらわしい器材があるために夜間の可動性は 妨げられる。一部の患者ではCAPDとCCPDの併用が,十分なクリアランスを達成する ために必要となる。 間欠的腹膜透析(IPD)は,手動または自動で行う。手動IPDは, ...
2010年11月18日 ... 腹膜透析療法には間歇的腹膜透析(Intermittent peritoneal dialysis :IPD)と持続的 携行式腹膜透析 (continuous .... 自動腹膜透析automated peritoneal dialysis (APD) は、主として夜間に自動腹膜透析装置(サイクラー)を用いる方法で ...

関連画像

腎臓病:病気の進行と治療方法 腎臓病:病気の進行と治療方法


★リンクテーブル★
関連記事腹膜透析」「腹膜」「間欠的」「間欠」「夜間

腹膜透析」

  [★]

peritoneal dialysis PD、(正式)continuous ambulatory peritoneal dialysisCAPD
腹膜潅流 peritoneal lavage
連続携帯式腹膜透析持続的携行式腹膜透析持続携行式腹膜透析持続的携帯型腹膜透析持続的外来腹膜透析透析

血液透析との比較

利点

  • 特別の装置が不要
  • 抗凝固薬が不要
  • 安価
  • 通院の必要がない
  • 残腎機能が維持されやすい
  • 血管の確保が不要で幼児でも使用できる
  • 血圧の急な変動が少ない
  • カリウム、水分制限が緩い
  • 中分子の除去能が高い
  • 透析後遺症が少ない ⇔ 不均衡症候群

欠点

  • 低分子の除去能が低い
  • 透析に長時間要する
  • 蛋白質の漏出がある。
  • 血糖・脂質が上昇しやすい
  • 腹膜炎のリスク
  • 長期間施行できない →  腹膜の劣化により5-10年で使用できなくなる



腹膜」

  [★]

peritoneum (Z) < peritonaion < peritonos < peri-'around'+-tonos'stretched' ; perineumと勘違いしないように
漿膜




間欠的」

  [★]

intermittentepisodicintermittently
間欠間欠性偶発性断続性断続的突発性挿話的


間欠」

  [★]

間歇
  • 一定の時間をおいて、物事が起こったりやんだりすること
intermission


夜間」

  [★]

nighttimenocturnalnocturnally
夜行性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡