多細胞生物

出典: meddic

multicellular organism

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/15 23:08:28」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 数理的観点から見た生物システムにおける認識のロバスト性
  • 小川 健一朗,三宅 美博
  • 日本神経回路学会誌 20(1), 7-13, 2013
  • … 我々は,ショウジョウバエの頭尾軸形成における遺伝子発現の理論的研究を通じて,多細胞生物における細胞の観測行為と観測結果の関係を数理的にモデル化し,個体差に対する遺伝子の発現パターンのロバスト性に対して新たな説明を与えた.この数理モデルは,発生生物学の問題に限らず,広く生物システムにおける主体の行為と知覚,およびそれに基づく認識のロバスト性に関する現象をモデル化する際に数理的 …
  • NAID 130003369959
  • オーバービュー : 疾患発症の基本ユニットとしてのトランスポートソーム
  • 安西 尚彦
  • 日本薬理學雜誌 = Folia pharmacologica Japonica 139(2), 52-55, 2012-02-01
  • 多細胞生物にとって,細胞内外環境の恒常性維持はその生存にとって必須である.受動拡散により細胞膜を通過できる脂溶性の低分子物質に対し,無機イオンや生体代謝に関与する多くの水溶性有機物質は脂質二重層不透過であり,細胞の内外環境を一定に保つためにはその膜通過を可能にする膜輸送分子(チャネル,トランスポーター)を必要とする.これらの分子実体解明に続くチャネル病・トランスポーター病な …
  • NAID 10030456120
  • Pseudomonas aeruginosaのバイオフィルム形成と抗菌薬抵抗性に関与する遺伝子ネットワーク
  • 小野 恒子,村上 圭史,三宅 洋一郎
  • 日本細菌学雑誌 67(2), 227-243, 2012
  • … 近年バイオフィルム形成のメカニズムについてはquorum sensing(QS)システム(密度感知機構)やcyclic di-guanosine monophosphate(c-di-GMP)等のグローバルレギュレーターの関与が明らかになり,また共焦点レーザー蛍光顕微鏡を用いたバイオフィルム内の遺伝子発現と形態的解析が進み,生理的性状の異なる多様な細胞集団で構成された多細胞生物的な構造を形成することが明らかになってきた。 …
  • NAID 130002108532

関連リンク

多細胞生物(たさいぼうせいぶつ、英: multicellular organism)とは、複数の細胞で体が 構成されている生物のこと。一つの細胞のみで体が構成されている生物は単細胞生物と 呼ばれる。動物界や植物界に所属するものは、すべて多細胞生物である。菌界のもの ...
わたしたちや身のまわりの目に見える生物のからだは、多くの細胞からできています。 また、目に見えないくらい小さいですが、からだが細胞1個だけで生活している生物も いますね。 単細胞生物. 単細胞生物…からだが1個の細胞からできている生物. 緑色で ...

関連画像

単細胞生物と多細胞生物多細胞生物 http://www.s.u-tokyo.ac.jp  多細胞生物 の 世界 を 誕生世界最小の多細胞生物の発掘 多細胞生物は、高度に進化して 単細胞生物と多細胞生物


★リンクテーブル★
関連記事生物」「細胞」「多細胞

生物」

  [★]

果肉生物学生物学的生物体生物学上肉体生命体生物的


細胞」

  [★]

cell
cellula




多細胞」

  [★]

multicellular
多細胞性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3