外鼻錐体

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 前頭骨・前頭蓋底を含む正中部多発顔面骨骨折 (特集 多発顔面骨骨折の治療戦略)
  • 田中 嘉雄,宗内 巌,佐野 法久 [他]
  • 形成外科 50(11), 1261-1270, 2007-11
  • NAID 40015707940
  • 外鼻錐体の臨床解剖

関連リンク

鼻骨骨折(英:fracture of the nose、独:Nasenfraktur)は鼻骨に限る場合もあるが、 一般には外鼻錐体に生じる骨折をいう。重症度に応じて3つに分類される。 class I :鼻骨 と鼻中隔のみの損傷で軽度である。 class II :鼻骨と鼻中隔の他に、周辺の骨の骨折が ...
耳. 展. 図説 ノー ト. 外鼻錐体の臨床解剖. 図A-1. 非 可動性外鼻 の支持組織 である 鼻骨 と上顎骨. 前頭 突起 の側面 のほか,可. 動性外鼻の支持 をな. す外鼻軟骨 の一部 が見 える。す なわ ちこの図で. は,外. 側 鼻軟 骨Cartilago nasi lateralis,大. 鼻翼軟骨 ...

関連画像

介護日々。患者と共に戦う1a. 小脳障害 失調 動作性振戦 後鼻孔は蝶形骨と口蓋骨で A02100093.jpg (62951 バイト)


★リンクテーブル★
リンク元鼻尖」「鼻背
関連記事錐体」「」「外鼻

鼻尖」

  [★]

  • apex (Z)
  • tip of nose
nasalapex
外鼻錐体

鼻背」

  [★]

dorsum of nose (Z)
nasal dorsum
外鼻錐体

錐体」

  [★]


側頭骨の錐体

pyramid (KH)
pyramis



延髄の錐体、延髄錐体

pyramis
  • 図:N.108
  • 錐体の高まりの下層に縦走する白い神経線維の束が存在し、これが錐体束である。
  • 延髄の前正中裂と前外側溝に挟まれた高まり


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


網膜の錐体

cone, cone cell, retinal cone
conus
錐状体
網膜桿状体 桿体 杆体



体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー


外鼻」

  [★]

external nose (Z)
external nose




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡