外陰ボーエン病

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 196. 外陰ボーエン病の1症例(婦人科1:外陰・腟, 一般演題示説, 第27回日本臨床細胞学会学術集会)
  • 小倉 まき子,和田 順子,重田 幸子,武田 佳彦
  • 日本臨床細胞学会雑誌 25(2), 347, 1986-03-20
  • NAID 110001280444

関連リンク

ボーエン病 皮膚や外陰部などの粘膜にできる表皮内癌です。表皮内癌というのは皮膚の浅い所にだけ、ガン細胞があり、この状態では転移の心配はありません。しかし、放置していると皮膚の深いところへ浸潤したり、リンパ節や他の ...
【外陰上皮内腫瘍はどんな病気?】 外陰上皮内腫瘍とは、性器の外陰部に丘疹ができる病気で、別名ボーエン様丘疹とも呼ばれています。20~30代に多くみられる病気で、性行為によりヒト乳頭腫ウイルスに感染し発病します。

関連画像

外陰癌 ・療法皮膚悪性腫瘍診療チーム | 日本 メラノーマ以外の皮膚悪性腫瘍 DermIS - 毒性接触湿疹 (症例写真)


★リンクテーブル★
関連記事ボーエン病」「外陰」「

ボーエン病」

  [★]

Bowen's disease, Bowen disease
ボウエン病 Bowen病表皮内有棘細胞癌 squamous cell carcinomain situ SCC in situ、precancerous dermatosis
morbus Bowen、有棘細胞

皮膚癌の分類

表皮系腫瘍

有棘細胞/基底細胞

有棘細胞

基底細胞

概念

疫学

  • 高齢者に多い。

病因

  • ヒ素、パピローマウイルス(外陰の場合)
  • 慢性ヒ素中毒 → 全身に多発

病理

  • 表皮全層性に核異型の強い異型ケラチノサイトが密に乱雑に増殖
  • 多核巨細胞(clumping cell)、異常角化細胞、異常核分裂像

皮膚所見

  • 境界明瞭な直径数cm程度の紅褐色~黒褐色局面(NDE.395)

治療

  • 外科的切除(第一選択)、抗腫瘍薬軟膏外用(5-FU、ブレオマイシン)、凍結療法

予後

  • 放置により基底膜から真皮に進入し(有棘細胞癌)、転移する恐れがある。


参考

  • 1. 写真 - 外観
[display]http://4.bp.blogspot.com/_iCcaHsxVvTs/SG_W6-prdLI/AAAAAAAAAXs/ugS3CJJtQzo/s400/bowens%2Bdisease.gif
  • 2. 病理写真
[display]http://www.dermpedia.org/files/images/bowen_fig5.jpg

国試



外陰」

  [★]

vulvavulvaeexternal genitalpudendal
外陰部産卵口陰門



病」

  [★]

diseasesickness
疾病不調病害病気疾患




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡