外転歩行

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 内旋外転歩行用装具の考案と本装具による先天股脱の治療成績について

関連リンク

外転筋群のチューブ抵抗による等張性収縮で あり、遠心性収縮である。[回数] 20回×3~5セット 下肢エクササイズ ... エクササイズ 81 人間の二足における立位・移動の支持のための働き トレンデレンブルグ歩行 右殿部が右側方に出た ...
1.外転歩行 義足側の遊脚時に外転位で振り出します。骨盤の外側への移動と体幹の側屈を伴います。 義足における原因 切断者における原因 (1)義足が長すぎる場合。 (2)内壁が高すぎる場合。 (3)義足が外転位にアライメントが ...
(2)中殿筋歩行 ・中殿筋(股関節外転筋)の筋力低下によっておこります。 ・トレンデレンブルク徴候:患側が立脚相になると、対側の骨盤の下がります。 ・トレンデレンブルク歩行:片側の障害で、代償的に頭部や体幹を患側に ...

関連画像

片脚立位異常姿勢1Know no Limit ~回復に限界はない 中殿筋』Know no Limit ~回復に限界はない


★リンクテーブル★
関連記事歩行

歩行」

  [★]

gait, walking
股関節の運動に関与する筋歩行運動


歩行関節および筋肉

幼児の歩行

  • 12ヶ月:上肢の挙上(high guard)
  • 15ヶ月:上肢の中等度の挙上(medium guard)
  • 18ヶ月:上肢が下がっている(no guard) → 腕ふりの出現

異常な歩行と疾患 手技みえ.188改変

痙性片麻痺歩行 hemiplegic gait 錐体路障害 脳血管障害
変形頚椎症
多発性硬化症
頸髄ミエロパチー
ぶん回し歩行
円弧歩行
痙性対麻痺歩行 spastic paraplegic gait 両大脳半球・脳幹・脊髄側索における両側錐体路障害 家族性痙性対麻痺
脳性小児麻痺(Little病)
HTLV-I associated myelopathty
はさみ歩行 scissor gait
パーキンソン歩行 parkinsonian gait 錐体外路障害 パーキンソン病
小刻み歩行 short-stepped gait パーキンソン症候群
失調歩行 小脳性運動失調・前庭性運動失調   小脳障害
前庭神経障害
OPCA
LCCA
Wernicke脳症
酩酊様歩行
脊髄後索性   深部感覚障害による空間見当識障害(位置覚・振動覚) 脊髄癆
亜急性脊髄連合変性症
Friedreich失調症
多発性神経炎
踵打歩行
鶏歩 steppage gait 下位運動ニューロン(腓骨神経麻痺で生じる下腿筋の筋力低下) Charcot-Marie-Tooth病
腓骨神経麻痺
ポリオ
糖尿病
動揺性歩行 waddling gait 肢体筋の障害 Duchenne型筋ジストロフィー
多発筋炎
Kugelberg-Welander病
トレンデレンブルグ歩行 Trendelenburg gait
アヒル様歩行  
間欠性跛行 intermittent claudication 下肢動脈の血流障害
下肢神経の障害
 




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡