外傷性白内障

出典: meddic

traumatic cataract
眼内異物
白内障



外傷性白内障

((1) p.69)
  • 外傷性白内障の原因として非穿孔性/鈍的外傷によるものと穿孔性外傷によるものがある。前者の場合、外力が加わった部位での水晶体前嚢下の混濁が特徴的である。小児ではこの混濁が軽減することもある。鈍的外傷により虹彩が水晶体に押しつけられ、虹彩色素沈着とその部位での圧痕様の水晶混濁や急性閉塞隅角緑内障で水晶混濁(緑内障斑)などを生じる。この混濁自体は視力低下とはならないこともあり、治療は不要である。後者の場合、水晶体嚢が破損し、水晶体蛋白質の変性が生じるために水晶体の混濁が生じるものである。治療は水晶体嚢の破損がある場合は水晶体の除去を行い、水晶体嚢の破損がない場合は、手術適応は加齢白内障と同様である。

参考

(1) 標準眼科学 第10版 医学書院

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 臨床報告 外傷性白内障が進行しなかった水晶体前損傷の1例
  • 守屋 豪志,鈴木 浩之,家久來 啓吾 [他]
  • 臨床眼科 66(12), 1665-1668, 2012-11-00
  • NAID 40019486190
  • 虹彩離断を伴った外傷性白内障4症例の手術成績
  • 石川 清乃,黒坂 大次郎
  • IOL & RS : Japanese journal of cataract and refractive surgery : 日本眼内レンズ屈折手術学会誌 26(3), 316-319, 2012-09-28
  • NAID 10031121022
  • 明らかな前眼部炎症を生じずに水晶体内に留まった眼内ステンレス片の1例
  • 高山 圭,佐藤 智人,桜井 裕 [他],竹内 大
  • あたらしい眼科 = Journal of the eye 29(1), 131-134, 2012-01-30
  • NAID 10030234624
  • 若年者の外傷性白内障手術のポイント
  • 永本 敏之
  • IOL & RS : Japanese journal of cataract and refractive surgery : 日本眼内レンズ屈折手術学会誌 25(3), 336-342, 2011-09-15
  • NAID 10030252644

関連リンク

外傷性白内障<外傷>。外傷性白内障とはどんな外傷か 鈍的(どんてき)外傷や穿孔性(せんこうせい)(孔(あな)があく)外傷により白内障になりますが、自覚症状はすぐに現れないこともあり、注意が必要です。 水晶体(すいしょうたい ...
鉄片が目に入ったり、刃物で水晶体を傷つけたりした起こる白内障。外傷性白内障の原因、症状、治療について分かりやすく解説しています。 ... 鉄片が目に入ったり、刃物で水晶体を傷つけたりして起こる白内障のことです。打撲 ...
外傷性白内障の症状、原因、診断・治療方法についてご紹介します。眼科に関連する外傷性白内障の治療なら病院・クリニック検索のホスピタにお任せ下さい。外傷性白内障の診察ができるおすすめの病院をご紹介できるのは「いま ...

関連画像

白内障白内障の犬の眼栄養性、薬物性、糖尿病性など 白内障


★リンクテーブル★
先読み眼内異物
関連記事白内障」「外傷」「外傷性

眼内異物」

  [★]

intraocular foreign bodies IOFB
corpus alienum intraoculare
眼球内異物
[show details]


白内障」

  [★]

cataract
cataracta
しろそこひうみそこひ
白内障手術
  • glactosemia
  • 水晶体が混濁した状態の総称。

分類

原因

先天性白内障 遺伝性
胎児感染症(風疹、水痘、サイトメガロウイルス)
加齢白内障/老人性白内障  
外傷性白内障 穿孔性外傷
非穿孔性外傷(眼球打撲)
併発白内障 ぶどう膜炎、網膜剥離
全身疾患にともなうもの 糖尿病、ガラクトース血症、低カルシウム血症、Fabry病、Werver病、Wilson病、Lowe病、甲状腺機能低下症、筋緊張性ジストロフィー、アトピー性皮膚炎、Down症
薬物・中毒 ステロイド、フェノチアジン
物理化学障害 放射線、紫外線、赤外線
後発白内障  

SOP.65

SOP.65
  • 遺伝性(染色体異常、頭蓋顔面骨症候群、骨格異常、中枢神経異常、筋疾患、皮膚疾患)
  • 発達異常(第1次硝子体過形成遺残、水晶体後部線維増殖、ハラーマン・シュトライフ症候群)
  • 胎内感染(風疹、水痘、サイトメガロウイルス)
  • 内分泌、代謝障害(ガラクトース血症、ホモシスチン尿症)
  • 皮膚、前疾患に伴う(アトピー皮膚炎)
  • 薬物、中毒性(フェノチアジン、副腎皮質ステロイド)
  • 併発症(眼内炎、網膜芽細胞腫、ぶどう膜炎)
  • 未熟児
  • 欠乏症(栄養失調、ビタミンA欠乏症)
  • 物理化学的障害(放射線、紫外線、赤外線、電撃)
  • 外傷性
  • 加齢性
  • 後発白内障

部位

皮質白内障
核白内障
後嚢下白内障

治療

術後合併症

((1) p.78)
  • 眼内炎
  • 失明につながる重篤な合併症は5,000-10,000例に1例
  • 予防:術前抗菌薬点眼、術中抗菌薬の眼内灌流液への添加、術前のポビドンヨードでの術野消毒
  • 後嚢破嚢、水晶体核の水晶体内落下、虹彩損傷、駆逐性眼内出血

参考

(1) 標準眼科学 第10版 医学書院



外傷」

  [★]

injurytraumatraumatic injurytraumatic
外傷性傷害傷害性心的外傷損傷トラウマ受傷外傷性障害



外傷性」

  [★]

traumatic
外傷傷害性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡