塩化メチルロザニリン

出典: meddic

-ゲンチアナバイオレット


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/12/07 15:03:22」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 大網充填後栄養状態の改善により軽快した気管支断端瘻の1例
  • 齋藤 学,砥石 政幸,椎名 隆之,近藤 竜一,高砂 敬一郎,吉田 和夫
  • 日本呼吸器外科学会雑誌 25(6), 662-666, 2011
  • … ,開窓術を行った.開窓術の10ヵ月後,有茎大網弁を用いて気管支断端瘻の閉鎖術を施行した.しかし,再び断端瘻によるMethicillin-resistant Staphylococcus Aureus(以下MRSA)膿胸となり,再度開窓術を施行した.その後外来にて塩化メチルロザニリンを併用した洗浄を続けたところ,栄養状態の改善とともに膿胸腔の縮小と気管支断端瘻の改善がみられ,開窓部は陥凹を認めるものの上皮化し,現在も再燃なく経過している. …
  • NAID 130001292623
  • 塩化メチルロザニリン(ピオクタニン^【○!R】)を用いた結膜嚢胞摘出術
  • 木下 慎介,新里 越史,雑喉 正泰,岩城 正佳
  • あたらしい眼科 = Journal of the eye 27(3), 357-360, 2010-03-30
  • NAID 10026924403

関連リンク

ピオクタニンと褥瘡への効果について 【質問】潰瘍部, 褥瘡部にピオクタニンが有効であるとの話を聞きましたが, その効果と文献について教えて下さい。 【回答】 1. ピオクタニンとは ピオクタニンは, 化学名: 塩化メチルロザニリンという ...
塩化メチルロザニリン クリスタルバイオレット C25H30ClN3 : 407.98 本品はヘキサメチルパラロザニリン塩化物で,通例,ペンタメチルパラロザニリン塩化物及びテトラメチルパラロザニリン塩化物を含む.本品は定量するとき,換算した乾燥物に ...
ピオクタニン(塩化メチルロザニリン)はグラム陽性菌に対して殺菌作用、真菌に対して発育阻止作用があり、膿痂疹(のうかしん)などの化膿性皮膚疾患や鵞口瘡(がこうそう)の古典的な治療薬として1~2%水溶液が塗布剤として ...

関連画像

クリックすると元のサイズで この ひと ジャック メスリーヌ 塩化メチルロザニリン塩化メチルロザニリン溶液http www amazon co jp dp b002av4fsa cd1 点 ざっくり 言って この 夏

添付文書

薬効分類名

  • 外皮用殺菌消毒剤

販売名


ベンクロジドVエタノール液(0.5%)

効能または効果


           効能・効果        用法・用量
    手術部位(手術野)の皮膚の消毒 本剤をそのまま消毒部位(着色または脱脂等を必要とする部位)に用いる
    医療機器の消毒 本剤をそのまま用いる

    • (本剤は希釈せず、原液のまま使用すること。)

    慎重投与

    (次の患者には慎重に使用すること)

    • 薬物過敏症の既往歴のある患者
    • 喘息等のアレルギー疾患の既往歴、家族歴のある患者

    重大な副作用

    ショック(頻度不明)


    • ショックがあらわれることがあるので観察を十分に行い、悪心・不快感・冷汗・眩暈・胸内苦悶・呼吸困難・発赤等があらわれた場合には、直ちに使用を中止し、適切な処置を行うこと。

    薬効薬理

    • クロルヘキシジングルコン酸塩はグラム陽性菌・陰性菌に有効であるが、Opportunistc Pathogen(例えばPseudomonas、Serratia、Candida等)の中には、本剤に抵抗性を示すものがある。また、抗酸性菌、真菌に対する抗菌力は弱く、芽胞形成菌の芽胞には無効である。

    有効成分に関する理化学的知見

    一般名


    • 〔日局〕クロルヘキシジングルコン酸塩液
      〔日局別名〕グルコン酸クロルヘキシジン液
      (Chlorhexidine Gluconate Solution)

    分子式


    • C22H30Cl2N10 ・ 2C6H12O7

    分子量


    • 897.76

    性状


    • 本品は無色?微黄色の澄明な液で、においはなく、味は苦い。
      本品は水又は酢酸(100)と混和する。
      本品1mLはエタノール(99.5)5mL以下又はアセトン3mL以下と混和するが、溶媒の量を増加するとき白濁する。
      本品は光によって徐々に着色する。
      比重d20/20: 1.06?1.07


    ★リンクテーブル★
    リンク元ゲンチアナバイオレット」「ピオクタニンブルー
    関連記事リン」「塩化

    ゲンチアナバイオレット」

      [★]

    gentian violet
    クリスタルバイオレット塩化メチルロザニリン


    ピオクタニンブルー」

      [★]

    pyoktanin blue
    塩化メチルロザニリン


    リン」

      [★]

    phosphorus P
    serum phosphorus level

    分子量

    • 30.973762 u (wikipedia)

    基準値

    血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
    • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
    • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

    尿細管での分泌・再吸収

    近位尿細管 70%
    遠位尿細管 20%
    排泄:10%

    尿細管における再吸収の調節要素

    臨床関連

    参考

    • 1. wikiepdia
    [display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





    塩化」

      [★]

    chloridechloro
    塩化物塩素イオンクロライドクロリドクロロクロール



    ★コメント★

    [メモ入力エリア]
    ※コメント5000文字まで
    ニックネーム:
    コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡