塩化セチルピリジニウム

出典: meddic

セチルピリジニウム

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/09/20 18:40:02」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 高病原性鳥インフルエンザウイルスに対する粉末化バイオイオナースの効果について : 養鶏場に於ける感染予防としての噴霧消毒剤の基礎的検討
  • 窪田 倭,松沢 皓三郎,和田 雅年 [他]
  • ニューフードインダストリー 55(6), 1-4, 2013-06
  • NAID 40019694130
  • 塩化セチルピリジニウムまたはポリヘキサメチレンビグアニドを配合した架橋型ハイドロゲルドレッシング材の抗菌特性ならびに生物学的安全性評価
  • 光田 益士,柚木 俊二,大藪 淑美 [他]
  • 日本褥瘡学会誌 : 日本褥瘡学会機関誌 15(4), 493-501, 2013
  • NAID 40019857308
  • 抗菌性創傷被覆材の開発に向けたPVAハイドロゲルからの抗菌剤の溶出性制御
  • 柚木 俊二,光田 益士,大藪 淑美 [他]
  • 研究報告 (8), 50-53, 2013
  • NAID 40019817490

関連リンク

高度な合成技術や精製技術をベースに、高付加価値製品の開発・生産の受託やご提案を行っています。 ... CPC(塩化セチルピリジニウム)は、強い殺菌、抗カビ作用をもったカチオン界面活性剤です。 当社のCPCは、高純度結晶であり ...
塩化セチルピリジニウムについての基本情報 塩化セチルピリジニウムの効能・作用……効能は『咽頭炎・扁桃炎・口内炎(口内や咽喉部の消毒殺菌)』です。 塩化セチルピリジニウムは、主に口腔内で発生して繁殖しやすい細菌を ...

関連画像

塩化セチルピリジニウムの画像 成分「CPC(セチルピリジニウム 塩化セチルピリジニウムの画像  塩化セチルピリジニウム0.5gつの有効成分が歯ぐきと歯周 塩化セチルピリジニウムが

添付文書

薬効分類名

  • 口腔内局所止血剤

販売名

  • 歯科用TDゼット液

組成

100mL中

有効成分

  • 塩化アルミニウム 25g
    * セチルピリジニウム塩化物水和物 0.5g
    日局リドカイン 5.25g

添加物

  • エタノール

禁忌

  • リドカイン又はアミド型局所麻酔薬に対し、過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 次の場合の止血に用いる。
  • 歯肉縁下の支台歯形成・窩洞形成時又は印象採得時の歯肉圧排における出血。
  • 歯肉整形。
  • 本剤の適量をとり、出血部に塗布する。

重大な副作用

  • ショック
  • ショックがあらわれることがあるので観察を十分に行い、血圧降下、顔面蒼白、脈拍の異常、呼吸抑制等があらわれた場合には、直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。
  • 中枢神経
  • 振せん、痙れん等の中毒症状があらわれることがあるので、観察を十分に行い、このような症状があらわれた場合には、直ちに投与を中止し、ジアゼパム又は超短時間作用型バルビツール酸製剤(チオペンタールナトリウム等)の投与等の適切な処置を行うこと。


薬効薬理

  • 止血作用

イ)血液凝固試験

  • モルモットの血液を用いた実験で、本剤の血液凝固時間は60秒以内で25%塩化アルミニウム水溶液に比較し凝固時間は1/15に短縮された。1)(岐阜歯科大 第2保存)

ロ)実験口腔創傷に対する止血作用

  • ラットを用いた実験で、本剤の止血時間は10秒と25%塩化アルミニウム水溶液の30〜60分に比してすぐれた速効性を示した。2)(九州大歯学部 第1保存)
  • 局麻作用
  • 家兎眼粘膜による瞬膜反射試験で本剤は6%塩酸リドカイン水溶液と同程度の麻酔作用を示した。1)(岐阜歯科大 第2保存)
  • 抗菌作用
  • イ)本剤のStaphylococcus aureusを使用して測定した石炭酸係数は13であった。1)(岐阜歯科大 第2保存)
  • ロ)口腔内常在菌(嫌気・好気)に対する抗菌性試験で本剤は希ヨードチンキのほぼ80%の抗菌性を示した。1)(岐阜歯科大 第2保存)


有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • 塩化アルミニウム

化学名

  • Aluminum Chloride

分子式

  • AlCl3・6H2O

分子量

  • 241.43

性状

  • 白色〜帯黄色の結晶性の粉末で、においはなく、収れん性で特異な味がある。
    水に極めて溶けやすく、エタノール(95)に溶けやすく、グリセリンにやや溶けやすい。
    潮解性である。

一般名

  • セチルピリジニウム塩化物水和物

化学名

  • Cetylpyridinium Chloride Hydrate

分子式

  • C21H38ClN・H2O

分子量

  • 358.00

性状

  • 白色の結晶又は結晶性の粉末で、においはないか、又はわずかに特異なにおいがあり、味は苦い。
    水、エタノール(95)又はクロロホルムに溶けやすく、アセトンにほとんど溶けない。

融点

  • 80〜84℃

一般名

  • リドカイン

化学名

  • Lidocaine

分子式

  • C14H22N2O

分子量

  • 234.34

性状

  • 白色〜微黄色の結晶又は結晶性の粉末である。
    メタノール又はエタノール(95)に極めて溶けやすく、酢酸(100)又はジエチルエーテルに溶けやすく、水にほとんど溶けない。
    希塩酸に溶ける。

融点

  • 66〜69℃


★リンクテーブル★
リンク元cetylpyridinium chloride
関連記事塩化」「セチルピリジニウム

cetylpyridinium chloride」

  [★]

  • 塩化セチルピリジニウム
cetylpyridinium


塩化」

  [★]

chloridechloro
塩化物塩素イオンクロライドクロリドクロロクロール

セチルピリジニウム」

  [★]

cetylpyridinium
塩化セチルピリジニウム cetylpyridinium chloride
スプロール





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡