基質

出典: meddic

substrate(酵素学), stroma(組織学・病理学), ground substance
substantia fundamentalis



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/10/18 03:42:52」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 土壌基質構造の測定法の開発とその物理的性質の評価
  • 廣住 豊一,Toyokazu HIROZUMI
  • 三重大学大学院生物資源学研究科紀要 39, 1-35, 2013-03-00
  • Soil macro pores are quantitated by number, size, shape, direction and so on. However, soil matrix structure which consists of a lot of soil particles, aggregates and their arrangements of varied size …
  • NAID 120005228821
  • 家族性グルコーストランスポーター1欠損症症候群
  • 伊藤 康/小国 弘量/大澤 眞木子
  • 東京女子医科大学雑誌 83(E1), E9-E13, 2013-01-31
  • … GLUT-1 DS) は,脳のエネルギー代謝基質であるglucoseが中枢神経系に取り込まれないことにより生じる代謝性脳症である.GLUT-1DSでは,大多数にSLC2A1 遺伝子におけるヘテロ接合性のde novo変異を認め,ハプロ不全が発症に関与する.孤発症例が多いが,家族例の報告も散見される.文献報告例では常染色体優性遺伝が多数であるが,常染色体劣性遺伝やモザイクの家系も報告されている. …
  • NAID 110009559421
  • バイオミネラリゼーションと新材料創製
  • 遠藤 一佳
  • 科学と工業 = Science and industry 87(1), 7-13, 2013-01-00
  • NAID 40019559355

関連リンク

基質 (きしつ)とは. (substrate). 酵素によって化学反応を触媒される物質。 ... 培養して いる場合は培地が基質である。 (matrix). 細胞内にあって、特に構造を認められない 部分のことを細胞質基質という。細胞質から細胞小器官をのぞいた部分とも言える。
細胞質基質(さいぼうしつきしつ)とは細胞内の部分の呼称で、細胞質から細胞内小 器官を除いた部分のことである。細胞質ゾル、サイトゾルあるいは細胞礎質とも呼ばれる 。古くは透明質、可溶性部分などと呼ばれたこともあるが、その後の分析技術の向上 ...

関連画像

 ヒト酵素‐基質系の研究と方針酵素と基質との相互作用に対 コラーゲン】調べたらかなり これらを理解するため,酵素の 基質 と 結合 した 酵素 と 基質 ES細胞あるいはiPS細胞に由来


★リンクテーブル★
リンク元stroma
拡張検索細胞外基質」「細胞領域基質

stroma」

  [★]

  • n.


WordNet   license wordnet

「a mass of fungal tissue that has spore-bearing structures embedded in it or on it」

WordNet   license wordnet

「the dense colorless framework of a chloroplast」

WordNet   license wordnet

「the supporting tissue of an organ (as opposed to parenchyma)」


細胞外基質」

  [★]

extracellular matrix ECM
細胞外マトリックス


細胞領域基質」

  [★]

[[]]
[[]]
territorial matrix




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡