基礎エネルギー消費量

出典: meddic

basal energy expenditure, BEE


  定義
基礎エネルギー消費量 BEE 安静・絶食時の熱産生量
安静時エネルギー消費量 REE 食事による熱産生を加味してBEEを補正した物


和文文献

  • 栄養スクリーニングとアセスメント (摂食・嚥下リハビリテーションと栄養管理) -- (全般,評価,基礎)
  • 緒方 みゆき,薛 克良
  • Monthly book medical rehabilitation (109), 19-24, 2009-09
  • NAID 40016818298
  • 栄養総論,年齢や疾患別の必要量 (今すぐに役立つ輸液ガイドブック) -- (維持輸液,栄養輸液,経腸栄養)
  • 土師 誠二,大柳 治正
  • 綜合臨床 58(-), 997-1001, 2009
  • NAID 40016697177

関連リンク

一般的な Hariss-Benedict の 式による 安静時の基礎エネルギー消費量 ( BEE ; basal energy expenditure ) の求め方 男性:BEE(kcal/day)=66.47+(13.75×体重kg)+(5.0×身長cm)ー(6.75×年齢) 女性:BEE(kcal/day ...
平成4年11月に公布された新計量法によってSI単位(国際単位系)の使用が義務づけされました。これによると、熱量の単位は「ジュール(J)」です。しかし、栄養に関するカロリーは従来の使用が認められたことと、エネルギーの消費と摂取 ...
基礎エネルギー消費量(basal energy expenditure:BEE )は、成長、年齢、性別、身長や体組成などに影響される。体表面積と筋肉量の相違から、女性より男性の方が代謝率は高くなる。1日のエネルギー消費量(total daily energy ...

関連画像

 エネルギー消費量の推移エネルギー消費量また消費量を主要国別に見ると  消費する用途別のエネルギー量221-1-2】世界のエネルギー消費


★リンクテーブル★
リンク元安静時エネルギー消費量」「Harris-Benedictの式」「BEE
関連記事基礎」「エネルギー」「」「消費」「消費量

安静時エネルギー消費量」

  [★]

resting energy expenditure REE
  定義
基礎エネルギー消費量 BEE 安静・絶食時の熱産生量
安静時エネルギー消費量 REE 食事による熱産生を加味してBEEを補正した物


Harris-Benedictの式」

  [★]

Harris-Benedict equation
基礎エネルギー消費量
  • 基礎エネルギー消費量の推定に用いる
  • ♂: 66.47+13.75W+5.00H-6.76A
  • ♀:655.10+ 9.56W+1.85H-4.68A
W:体重(kg)、H:身長(cm)、A:年齢(年)


BEE」

  [★] 基礎エネルギー消費量


基礎」

  [★]

basebasisbasesbasicfundamentalbasal
塩基塩基性基剤基礎的基底基本基本的根拠底部必要ベーシック基づく基礎づける基盤ベース根本的


エネルギー」

  [★]

energy
エネルギー代謝


  • 食事のカロリー熱量の意味で使われることがある。ちなみに肝硬変の代償期の食事は30-35cal/kgが推奨される。



量」

  [★]

amountvolumecontentquantity
含有量含量体積達する容積内容物内容ボリューム


消費」

  [★]

consumptionexpenditureconsumespend
経済学産生出費消耗消費量支出、費やす、過ごす


消費量」

  [★]

consumption
消費消耗




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡