地誌見当識障害

出典: meddic

-道順障害


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 右一側の後頭葉動静脈奇形全摘出後に相貌失認,地誌見当識障害,非言語性記憶障害を呈した1例
  • 鈴木 匡子,山鳥 重,高瀬 貞夫,長嶺 義秀,糸山 泰人
  • 臨床神経学 36(9), 1114-1117, 1996-09-01
  • NAID 10008317820
  • 相貌失認, 地誌見当識障害, 周期性一側てんかん型放電を呈した mitochondrial myopathy, encephalopathy, lactic acidosis, and stroke-like episodes (MELAS) の1例

関連リンク

世界大百科事典 第2版 地誌的失見当識の用語解説 - ... ... 視空間失認には,変形視, 大視症,小視症などの視空間知覚障害,注視点が一定方向に固着し,ある一つのもの しか見えないとか注視したものをつかもうとしても手が別の方向にそれてしまうという ...
はじめに 「熟知している場所で道に迷う症状」を地理的障害と呼ぶ。ただし,意識障害, 認知症,健忘症候群,半側空間無視など,他の神経症状や神経心理症状によって説明 可能な場合は除外する。地誌的障害,地誌的失見当,地誌的見当識障害,広義の地誌 ...

関連画像

リハビリでは・・図2 新しい視空間認知テスト 地誌的見当識障害の 地誌的記銘力 障害-地図上  テスト法(2) 地誌的見当識topographical-disorientation-map-jpg


★リンクテーブル★
関連記事障害」「見当識」「

障害」

  [★]

disorderimpairmentdysfunctiondamagedifficulty、(妨げ)barrierimpedimentobstacledisturbancefoe、(化学)hindrancedisorderimpairlesion
妨げ撹乱関門機能障害機能不全困難傷害障壁損なう損傷ダメージ破壊破損バリヤー病変不安妨害乱れ無秩序機能異常症疾患バリアバリアー機能異常機能不全症


見当識」

  [★]

orientation
指南力
二重見当識失見当識 disorientation


定義

  • 現在の自分および自分が置かれている状況(自分や周囲の人物、時間、場所)を正しく認識することをいう。


害」

  [★] harmhazardinjure

危険損傷ハザード傷害を与える害する




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡