国民健康保険小松市民病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 国民健康保険小松市民病院

url

理念

  • わたしたちは、地域の中核病院として皆さんの健康を守るために、質の高い医療を提供し、共に歩みます。

住所

  • 923-8560 小松市向本折町ホ60番地

診療の特徴、実績

  • がん治療、救急医療、生活習慣病の3つを重点項目として取り組んでいます。また、地域の中核病院として、機能分担とともに、急性期医療に取り組んでいます。

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 285.2人

一日平均外来患者数

  • 828.5人

平均在院日数(一般/精神)

  • 15.6日/88.4日

年間分娩件数

  • 96件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 7件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/1回

当院の救急医療の特徴

  • 当院では、医師2名を常駐させて2次救急医療期間として対応しており、平成20年度においては、年間約10,755人の救急患者を受け入れています。また、当院敷地に一次救急のための南加賀急病センターを開設し、平成19年度11,636人受入ています。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 全科

一日平均救急外来患者数

  • 29.5人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 5.1人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 0人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 3回

当直手当

  • 有り(宿直12,000円   日直19,000円)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 35人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1人

勤務体制

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 小松市は南加賀の中間に位置し、当院は南加賀の中核病院としての役割を担っています。中規模病院ですが内科をはじめ病理科、リハビリ科など全科に医師がバランス良く配置され、当院だけで臨床研修が完結出来ます。また地方の中規模病院として、小回りの良さなども併せ持っており医局はアットホームで、すぐ相談できる気楽な雰囲気があります。当院では、実践参加型の研修を目指しており、先輩の医師について実践に即した研修が行えます。当院の救急患者はこの地域で飛び抜けて多く、年々増加の一歩を歩んでいます。そのため新築部分に小松、能美医師会の運営による南加賀急病センターがオープンしました。救急患者は同センターと当院での1次、2次救急で合わせて年間24,000人となります。研修中1次から2.5次まで年間2.4万人が来院する救急外来と一日約900名に及ぶ外来を基盤に、多くのcommon diseaseを経験するのに事欠かない環境にあります。また、専門的な高度医療を必要とする疾患も多く経験できます。 当院は2年前から研修を始めましたが、研修医はまだ少なく、それが現在の当院の強みにもなっており、手作りの臨床研修を進めており、少数の研修医を殆どマンツーマンで指導します。またプログラム作りに研修医も参加しており、何をしてよいのか戸惑うことはないと思います。小松は金沢、福井のどちらにも1時間以内に行けます。また小松空港まで10分、東京まで1時間で行けると言う交通の便の良さ。しかも近くに白山、安宅の海、温泉など自然環境も抜群です。 院長以下医師、看護師、技師、事務職全員が研修医の来ることを待っています。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  •  僕はまず初期臨床研修の目標として、「プライマリー・ケア」を行うことができるようになるということに重点を置いて病院選びをしました。また、どのような症状・検査結果の患者さんが来院しても、自らの病院内で診ることができる病院、全部の科がそろっているある程度大きい病院、幅広い臨床研修ができる病院。これが当初の目標でした。 さらに、2年間という医師としてのスタートする大切な期間ですから、やはり一度足を運んで、「自らの目でどんな病院なのか確かめたい!」という思いを持っていたところ、学生時代に実習という形で受け入れもしていただき、そこで、先輩研修医と話す機会もあり、不安を聞いていただいたことや、現場のあたたかい意見も聞いたこと、また、現在、同病院に在籍している研修医とも同じ頃に実習に回り、意気投合したことも大きかったと思います。 現在1年目の研修中ではありますが、僕は小児科に興味がある旨を伝えておいたところ小児科スタートの研修プログラムを組んでいただけたという柔軟な対応をできる病院でもあります。 不安はいつもあります。覚えるべきは手技だけではなく様々なことがありますが、看護師をはじめ多くのスタッフに色々教えていただくことあってか、不安になるより、むしろ充実感のほうが大きいです。僕自身は、まだまだこれからですが、興味のある方は是非一度実習に見学に足を運んでください。充実した研修を送れる環境はここにありますから。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/11/21 09:08:46」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • スルホニル尿素薬の誤飲により重症低血糖をきたした非糖尿病高齢者の1例
  • 院内他科連携の実際 国民健康保険小松市民病院

関連リンク

石川県南加賀地域の基幹病院として、26科の診療科、病床数364床を擁しています。市民の皆様の生命と健康を守るため、日夜診療に努めています。最新医療技術を駆使した高度・救急医療は、各科の専門医による連携を強化して治療 ...
石川県南加賀地域の基幹病院として、22科の診療科、病床数384床を擁しています。市民の皆様の生命と健康を守るため、日夜診療に努めています。最新医療技術を駆使した高度・救急医療は、各科の専門医による連携を強化して治療 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事健康保険」「市民」「国民

健康保険」

  [★]

health insurance, sick insurance, health care insurance
医療保険 medical treatment insurance



市民」

  [★]

citizencivil
一般人国民


国民」

  [★]

citizen
市民




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡