嚢胞状黄斑浮腫

出典: meddic

和文文献

  • 網膜静脈分枝閉塞症に伴う類嚢胞状黄斑浮腫に対する黄斑部レーザー光凝固め網膜三次元画像解析
  • 山口 泰孝,林 寿子,梅基 光良,木村 忠貴,植田 良樹
  • 眼科臨床紀要 = Folia Japonica de ophthalmologica clinica 1(4), 330-334, 2008-04-15
  • NAID 10024295364
  • 網膜静脈閉塞による遷延性類嚢胞状黄斑浮腫に対する硝子体ベバシズマブ投与の短期効果 (特集 第61回日本臨床眼科学会講演集(2))
  • 梅基 光良,山口 泰孝,木村 忠貴
  • 臨床眼科 62(4), 537-541, 2008-04
  • NAID 40015997679

関連リンク

関連画像

また、最近は光干渉断層計 糖尿病黄斑症の病状と検査 白内障の術後に、はっきりした 稀に起こる合併症:眼内レンズ


★リンクテーブル★
関連記事浮腫」「嚢胞」「黄斑」「」「黄斑浮腫

浮腫」

  [★]

edema
水腫angioedema全身性浮腫

分類

  圧痕性浮腫 非圧痕性浮腫
pitting edema nonpitting edema
病態 水のみが間質に貯留
圧痕を残す
水分+血漿由来物質の蓄積(ムコ多糖、蛋白質)・炎症細胞の浸潤
圧痕を残さない
疾患 fast edema slow edema 甲状腺機能低下症
局所性炎症(蜂窩織炎、虫さされ)
強皮症
低アルブミン血症 心不全
腎不全
  • 低アルブミン血症はfast edema と覚えておく

浮腫の原因

IMD.518
  • 全身性
  • 心性浮腫
  • 腎性浮腫
  • 肝性浮腫
  • 内分泌性浮腫
  • 栄養失調性浮腫・栄養障害性浮腫
  • 薬剤性浮腫
  • 起立性浮腫
  • 特発性浮腫
  • 局所性
内科診断リファレンス p.4

浮腫を来す疾患

IMD.519改変
  • 局所性浮腫
  • 全身性浮腫
  • 非ステロイド性抗炎症薬:インドメタシンなど  ← 1-2%の例で見られる。
  • ホルモン薬:副腎皮質ステロイドエストロゲンなど  ← 体液貯留させる作用あり
  • 降圧薬:血管拡張薬(Ca拮抗薬など)  ←  細動脈優位の拡張による
  • 甘草製剤:甘草グリチルリチンなど  ←  アルドステロン様作用
  • Na含有薬:ペニシリン系抗菌薬、重炭酸ナトリウムなど  ←  Na自体の性質による

肝性浮腫と腎性浮腫

  • 肝性浮腫は下肢に、腎性浮腫では眼瞼に浮腫が初発する?(出典不明)

参考

  • [display]http://www.igaku.co.jp/pdf/resident0806-3.pdf




嚢胞」

  [★]

cyst

概念

  • 内腔に液体や泥状物を含む袋状の構造物をいう。
  • 上皮細胞に囲まれた体内にできた異常な腔で、水や泥状の物を含む

種類

総胆管嚢胞胆管嚢胞内膜症性嚢胞出血嚢胞前立腺小室嚢胞単純腎嚢胞卵巣内膜症性嚢胞卵巣嚢胞性腺腫卵巣嚢胞腺腫卵巣機能性嚢胞外傷後嚢胞多嚢胞症多発嚢胞性腎多発性嚢胞射精管嚢胞汎発性嚢胞状線維性骨炎深在嚢胞性大腸炎肝嚢胞腺癌腸管気腫性嚢胞症膵嚢胞性病変虫垂粘液嚢胞腹膜軟骨下嚢胞先天性肺嚢胞症単独嚢胞腎Nabothian嚢胞ミュラー管嚢胞膵嚢胞性腺癌先天性総胆管嚢胞寄生虫性嚢胞巨大嚢胞嚢胞体血液嚢胞嚢胞性膵疾患多発性肝嚢胞漿液性嚢胞腫瘍多嚢胞化萎縮腎後天性嚢胞性腎疾患成人型多発性嚢胞腎胸膜下肺胞性肺嚢胞、腎嚢胞性疾患の鑑別、線維嚢胞性変化乳頭状嚢胞腺腫孤立性腎嚢胞肺嚢胞鰓原性嚢胞膵嚢胞症ナボット嚢胞甲状舌管嚢胞単純性腎嚢胞

産婦人科



黄斑」

  [★]

macula lutea (KH), macula, yellow spot
macula retinae
中心窩 fovea centralis
Henle線維層


黄斑部の機能評価

黄斑疾患

硝子体手術

薬物療法/レーザー療法

硝子体手術/薬物療法/レーザー療法



腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物


黄斑浮腫」

  [★]

macular edema
黄斑





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡