喉頭蓋谷

出典: meddic

epiglottic callecula (Z), laryngeal vallecula
vallecula epiglottica
喉頭


和文文献

  • 嚥下内視鏡検査におけるスコア評価基準 (試案) の作成とその臨床的意義
  • 兵頭 政光,西窪 加緒里,弘瀬 かほり
  • 日本耳鼻咽喉科學會會報 113(8), 670-678, 2010-08-20
  • … 病態を簡便かつ客観的に評価することを目的として, 外来でも簡便に行える嚥下内視鏡検査スコア評価基準を作成し, その臨床的有用性について検討を行った.スコア評価では, 非嚥下時の観察項目として「喉頭蓋谷や梨状陥凹の唾液貯留の程度」および「声門閉鎖反射や咳反射の惹起性」を, 嚥下時の観察項目として「嚥下反射の惹起性」および「着色水嚥下後の咽頭クリアランス」を取りあげ, それぞれ0 (正常), 1 …
  • NAID 10027692603
  • 2.摂食・嚥下障害児の味覚刺激による評価・訓練法(<総説特集>摂食機能と味覚・うま味の関連-2)
  • 向井 美惠
  • 日本味と匂学会誌 17(2), 81-86, 2010-08
  • … 咀嚼中に食物の一部は咽頭腔に流れ、喉頭蓋谷や食道入口部に貯留されており、摂食された食物は、口腔内の味覚のみならず咽頭から呼気により嗅覚をも刺激する。 …
  • NAID 110007700608

関連リンク

咽頭(いんとう) 咽頭 (いんとう) のど 喉頭蓋 (こうとうがい) 嚥下の瞬間、喉頭の蓋になる重要な所 喉頭蓋谷 (こうとうがいこく) 舌根と喉頭蓋の間にあるくぼみ。嚥下の際、飲食物を一旦溜める重要な場所 舌骨(ぜっこつ)
図1を参照して下さい。嚥下の器官の中でわかりにくいものに、喉頭蓋谷(こうとうがいこく)と梨状窩(りじょうか)があります。図にありますように、気道と食道は前後に隣り合わせにあります。喉頭蓋(こうとうがい ...
喉頭蓋谷(こうとうがいこく)・・奥舌と喉頭蓋の間にあるくぼみ。嚥下の際、食塊を一旦溜める重要な場所。 喉頭蓋(こうとうがい)・・嚥下の瞬間、喉頭の蓋になる非常に重要な場所。 舌骨(ぜっこつ)・・舌と喉頭を繋ぐ役割 ...

関連画像

図-106031_2喉頭蓋谷に貯留を認める 咽頭は以下の3つに画像を見る(大)


★リンクテーブル★
関連記事喉頭」「頭蓋

喉頭」

  [★]

larynx (KL,K)
咽頭

解剖

  • 第4~6頚椎の高さにある。約5cm (KL.612) <→ C3-C6椎体の高さにある(M.571)

組織

呼吸器の上皮の移行

リンパ

  • 声帯上:
  • 上喉頭動静脈に沿って舌骨甲状膜を貫通 → 上内頚静脈リンパ節中内頚静脈リンパ節
  • 喉頭粘膜のリンパ網は、仮声帯、喉頭入口部でよく発達。喉頭蓋基部の小孔を通じて喉頭蓋前間隙のリンパ組織に連絡し、さらに内深頚リンパ節につらなっている。このため声帯上部癌のリンパ節転移率は喉頭癌のうち最も高率(SOTO. 560)
  • 声帯下:
  • 下喉頭動静脈に沿って喉頭前リンパ節・気管リンパ節 → 下内頚静脈リンパ節
  • 喉頭前リンパ節、気管周囲リンパ節につながっている(SOTO. 560)

機能

  • 発声
  • 嚥下の際の気道保護

喉頭の固有筋→喉頭筋

臨床関連

  • 喉頭先天性疾患
  • 喉頭外傷
  • 喉頭異物
  • 喉頭炎症
  • 喉頭非腫瘍性病変
  • 喉頭ポリープ(声帯ポリープ):声帯縁にに好発する広基性、有茎性の浮腫性腫瘤。声帯前1/3に好発。一側性が多い。表面平滑、色調は声帯と異なる。種々の嗄声を示す。保存療法(沈黙療法)で軽快しなければ手術的に切除。
  • 声帯結節:声帯の前1/3に好発。両側性が多い。女性に多く、声を酷使する職業に多い。幼児・学童では男性に多い。表面の色調は声帯と変わらない。嗄声をしめし、気息性嗄声が主。保存療法(沈黙療法)で軽快しなければ手術的に切除。
  • ポリープ様声帯
  • 喉頭肉芽腫
  • 喉頭嚢胞
  • 喉頭角化症/喉頭白色病変/喉頭白色病変/喉頭白板症
  • 喉頭癌




頭蓋」

  [★]

cranium
頭蓋骨







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡