喉頭腔

出典: meddic

laryngeal cavity (Z)
laryngeal cavity

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 喉頭腔に嵌頓する有茎性病変を伴い,治療に難渋した巨大血管腫の1症例
  • 高橋 瑞乃,齋藤 康一郎,稲垣 康治 [他]
  • 日本気管食道科学会会報 61(6), 504-509, 2010
  • NAID 40017408142
  • Floppy epiglottis により上気道閉塞を来した筋萎縮性側索硬化症の2症例
  • 伊藤 恵子,千年 紘子,小林 麻子
  • 日本耳鼻咽喉科學會會報 112(9), 660-664, 2009-09-20
  • … 喉頭蓋が吸気時に後方へ傾いて咽頭後壁に接触する所見を認め, その後, 喉頭蓋が喉頭腔を塞いだため気管切開術が施行された. …
  • NAID 10026279658

関連リンク

咽頭は口腔から食道への食物の通路で消化管の一部であり、また鼻腔から喉頭への 空気の通り道で、気道の一部でもあります。 喉頭…喉頭口に始まり、気管に移行する までの内腔を喉頭腔といい、空気の通路であると同時に発声器でもあります。その壁は ...
喉頭軟骨群(こうとうなんこつぐん)で囲まれており、くびの真ん中あたりにあるいわゆる” のどぼとけ”はこの喉頭軟骨群のうちの甲状軟骨(こうじょうなんこつ)のふくらみです。 声帯はこの軟骨で囲まれた喉頭腔(こうとうくう)にあり、肺からあがってくる空気によって ...

関連画像

喉頭(筋肉横)喉頭 下 咽頭 鼻 咽 腔 診察室1206上から見た喉頭腔図1 喉頭咽頭 喉頭・咽頭部位を


★リンクテーブル★
国試過去問100I015
関連記事喉頭」「

100I015」

  [★]

  • 63歳の男性。血痰と食思不振とを主訴に来院した。この患者の内視鏡写真を以下に示す。
  • 部位はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 100I014]←[国試_100]→[100I016

喉頭」

  [★]

larynx (KL,K)
咽頭

解剖

  • 第4~6頚椎の高さにある。約5cm (KL.612) <→ C3-C6椎体の高さにある(M.571)

組織

呼吸器の上皮の移行

リンパ

  • 声帯上:
  • 上喉頭動静脈に沿って舌骨甲状膜を貫通 → 上内頚静脈リンパ節中内頚静脈リンパ節
  • 喉頭粘膜のリンパ網は、仮声帯、喉頭入口部でよく発達。喉頭蓋基部の小孔を通じて喉頭蓋前間隙のリンパ組織に連絡し、さらに内深頚リンパ節につらなっている。このため声帯上部癌のリンパ節転移率は喉頭癌のうち最も高率(SOTO. 560)
  • 声帯下:
  • 下喉頭動静脈に沿って喉頭前リンパ節・気管リンパ節 → 下内頚静脈リンパ節
  • 喉頭前リンパ節、気管周囲リンパ節につながっている(SOTO. 560)

機能

  • 発声
  • 嚥下の際の気道保護

喉頭の固有筋→喉頭筋

臨床関連

  • 喉頭先天性疾患
  • 喉頭外傷
  • 喉頭異物
  • 喉頭炎症
  • 喉頭非腫瘍性病変
  • 喉頭ポリープ(声帯ポリープ):声帯縁にに好発する広基性、有茎性の浮腫性腫瘤。声帯前1/3に好発。一側性が多い。表面平滑、色調は声帯と異なる。種々の嗄声を示す。保存療法(沈黙療法)で軽快しなければ手術的に切除。
  • 声帯結節:声帯の前1/3に好発。両側性が多い。女性に多く、声を酷使する職業に多い。幼児・学童では男性に多い。表面の色調は声帯と変わらない。嗄声をしめし、気息性嗄声が主。保存療法(沈黙療法)で軽快しなければ手術的に切除。
  • ポリープ様声帯
  • 喉頭肉芽腫
  • 喉頭嚢胞
  • 喉頭角化症/喉頭白色病変/喉頭白色病変/喉頭白板症
  • 喉頭癌





腔」

  [★]

cavity
  • 体組織中にできた空洞。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡