唾液分泌検査

出典: meddic

test for salivary secretion


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 脳卒中患者の唾液分泌検査 : Saxon testの信頼性
  • 関 聰介,園田 茂,鈴木 美保,藤井 航,才藤 栄一,椿原 彰夫
  • リハビリテーション医学 : 日本リハビリテーション医学会誌 40(12), 858-862, 2003-12-18
  • 脳卒中患者の口腔内環境は劣悪なことが多い.唾液は口腔内環境に関与する因子だが,その定量は脳卒中患者でほとんど行われていない。そこでガ-ゼを噛むことで唾液量が測定可能なSaxon testに関し,脳卒中患者29名で再現性,年齢・片麻痺の重症度・嚥下障害の有無との関連を検討した。検査は同日に2回(2回目は15分後),後日(5日以内)に1回施行した.両者ともIntraclass correlation …
  • NAID 110001846125
  • 味覚・涙・唾液分泌検査

関連リンク

耳下腺、顎下腺、唾液腺疾患へ 【唾液腺機能検査】 機能検査、特に唾液の分泌低下を調べる検査を書いておきます。口腔内乾燥を起こす疾患でも 一部調べます。シェーグレン症候群鑑別が中心になりますが、その他も唾液腺疾患は ...
ドライマウスでみられることの多い徴候(口腔内所見)をお示ししましょう。 ... ドライマウスの検査は唾液分泌検査が基本です。唾液分泌検査には安静時唾液と刺激唾液を測定する方法があります。

関連画像

写真:唾液分泌検査、測定に 唾液分泌検査唾液コルチゾールP唾液検査③ 唾液分泌検査唾液分泌とカンジダ培養検査の


★リンクテーブル★
国試過去問105G046」「100H016
関連記事唾液」「検査」「唾液分泌」「分泌

105G046」

  [★]

  • 82歳の男性。胸痛を主訴に来院した。10日前から右側胸部の痛みを自覚していたが、3日前から発熱が出現したため受診した。最近、食事中にむせることが時々ある。1年前に脳梗塞の既往がある。意識は清明。身長157cm、体重46kg。体温38.2℃。呼吸数24/分。脈拍124/分、整。血圧110/66mmHg。心音に異常を認めない。呼吸音は右下肺野で減弱している。白血球16,500(桿状核好中球4%、分葉核好中球86%、単球5%、リンパ球5%)。CRP19.2mg/dl。胸部エックス線写真で右下肺野に浸潤影を認める。
  • この患者の病態を評価する上で次に行うべき検査はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105G045]←[国試_105]→[105G047

100H016」

  [★]

  • 58歳の男性。食後の胸やけと夜間の胃液の逆流とを主訴に来院した。3年前から同様の症状があり、近医で制酸薬の投与を受けていたが、服薬中断で容易に症状が再発している。
  • 内視鏡検査のほかに、病態診断のために行う検査はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100H015]←[国試_100]→[100H017

唾液」

  [★]

saliva
消化液


  • 唾液の99.5%は水であり、残りの0.5%には重要な役割がある

組成

1. 水分:99%-99.5%
2. 電解質(Na+,K+,Cl-,HCO3-,etc)、分泌速度により濃度が異なる
 [K+],[HCO3-]	:	唾液 > 血漿
 [Na+],[Cl-]	:	血漿 < 血漿
 早い分泌の時、唾液中の[HCO3-]↑、[Na+]↑、[Cl-]↑。よりアルカリ性となる
3. 有機物
 ムチン:=ムコタンパク、潤滑作用
 リゾチーム:溶菌作用
 αアミラーゼ:プチアリン
 血液型物質:糖タンパクの一種
 舌リパーゼ:舌唾液腺より少量
 免疫グロブリン:IgA
 尿素
 カリクレイ:血管拡張作用

機能

1. 消化作用
 αアミラーゼにより、デンプンをマルトースに分解する
 舌リパーゼにより脂肪を加水分解する
2. 保護作用
 逆流した遺産、胆汁を薄める
 口腔内洗浄作用(虫歯予防、口臭予防)
 厚い食物を冷却する
3. 潤滑作用
4. リゾチーム, IgAによる生体防御作用

生成機構

1. 腺房細胞
 一次唾液の分泌
2. 導管系(介在部、線条部)
 Na+,Cl-の吸収
 HCO3-,K+の分泌

分泌調整機構

  • 副交感神経
  • 有機物少、粘度低の唾液を多量分泌
  • 交感神経
  • 有機物多、粘度高の唾液を少量分泌 ← 緊張すると口腔内が粘稠に感じられる
1.脳相(条件反射)
 食物の視覚、嗅覚、聴覚による刺激
2.口腔相(=味覚相)(無条件反射)
 食物による口腔や舌の刺激
3.胃腸相(無条件反射)
 食物による胃の刺激


臨床関連

検査」

  [★]

検定試験視察視診調べる調査テスト点検検討監査診察


唾液分泌」

  [★]

salivation
唾液



分泌」

  [★]

secretion






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡