咀嚼筋麻痺

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

Ⅱ.口腔・顎顔面の麻痺 1.顔面神経麻痺 顔面の運動神経である顔面神経が傷害されて発症する運動麻痺で中枢性と末梢性に分類されることが多いようです。顔面神経は、顔面筋の運動だけでなく、味覚、涙の分泌などにも関係している ...
三叉神経運動枝が支配する咀嚼筋の麻痺によって、咀嚼困難、開口量減少など、顎関節症に似た症状を示すが、開口時の疼痛は認められない。治療は顔面神経麻痺と同様に、ATP製剤やビタミン剤(ビタミンB群)、星状神経節ブロックを ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事咀嚼筋」「咀嚼」「麻痺

咀嚼筋」

  [★]

masticatory muscle, the muscle of mastication
咬合筋 muscle of occlusion, occluding muscles
咀嚼咀嚼筋群



咀嚼筋

神経


咀嚼」

  [★]

mastication, chewing
噛みくだき


機能

  • 小さな食塊に分解
  • 飲み込みやすくなる
  • 表面積が大きくなる
  • 以降の消化器の負担が減る
  • 消化不能な物質の除去
  • 食塊と唾液を混合する
  • 味覚受容器に食物を作用させる


麻痺」

  [★]

paralysis, palsy
(comb form)plegia不全麻痺 paresis






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡