口咽頭膜

出典: meddic

oropharyngeal membrane
頬咽頭膜 buccopharyngeal membrane
membrana oropharyngealis
原腸形成排泄腔膜


  • 図:L.96 図5-16C, L.97
  • 初期咽頭胚において口窩(stomatodeum)と咽頭(pharynx)とを隔てる膜。
  • 発生学的な由来は外胚葉内胚葉。中胚葉は含まれない。
  • 頭腸(=前腸, foregut)の最前部腹側に位置する。
  • 発生第3週以降。前腸が口咽頭膜(内胚葉由来)で閉じられているが、発生第4週以降に破れて羊膜腔原始腸管との交通が確立する。


和文文献

  • 口蓋裂に上下顎間の索状物による口腔内癒合を合併した1例
  • 井畑 峰紀,上田 晃一,大谷 一弘,三倉 文子
  • 日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery 31(4), 261-264, 2011-04-20
  • NAID 10029370716
  • 最近経験した上顎体の2例とその発生原因についての考察
  • 三澤 典弘,中島 龍夫,金子 剛,森川 康英
  • 日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery 21(6), 360-365, 2001-06-20
  • NAID 10010588663
  • 口咽頭膜残存の1症例
  • サンショウウオ胚の口咽頭膜について(形態学)
  • 高浜 秀樹,佐々木 史江,木下 勉,渡辺 強三
  • 動物学雑誌 92(4), 633, 1983-12-25
  • NAID 110003326490

関連リンク

2008年8月21日 ... (3)伸びていった原脊索細胞先端は、口咽頭膜に達して口腔の開口部になります。 (4) まっすぐにのびてきた足跡のところに脊索板ができます。 (5)そこに神経腸管ができて、 尾方の排泄腔膜とつながります。 口と肛門ができてくるわけですね。 ...
排泄腔膜. 口咽頭膜. 図1-0 前腸、中腸、後腸(模式的に)(page 26). 臍帯. 【訂正 と追加】 page 21, 5 行目:左前主静脈の近位部は退化する. が、最近位部は残り・・・ ・・ page 34 の2.喉頭の章の「【補】喉頭蓋隆起は、 ...

関連画像

咽頭炎/咽頭痛Download]咽頭は「口/孔」で以下のもの 内臓学 | 不定愁訴解決


★リンクテーブル★
リンク元脊索前板」「口窩」「頬咽頭膜
関連記事咽頭」「」「咽頭膜」「口咽頭

脊索前板」

  [★]

prechordal plate
[[]]
  • 二層性胚盤から三層性胚盤に至る過程で、胚盤の頭方で内胚葉の肥厚した部分ができるが、これが脊索前板である。A.64, 150
  • 脊索前板原始結節を通って頭方に遊走した最初の細胞の一部に由来し、脊索の先端と口咽頭膜の間に作られる。
prechordal plate


口窩」

  [★]

stomodeum, stomatodeum
  • 発生第4週口咽頭膜が破れて、前腸羊膜腔との交通が確立される。L.97
  • このとき、羊膜腔の末端側のくぼみを指す(と思う)。


頬咽頭膜」

  [★]

buccopharyngeal membrane
口咽頭膜


咽頭」

  [★]

fauces, throat
pharynx (K)

咽頭の筋

咽頭の筋の一覧

咽頭筋





膜」

  [★]

membrane
メンブランメンブレン


咽頭膜」

  [★]

pharyngeal membrane
口咽頭膜


口咽頭」

  [★]

oropharyngeal
中咽頭




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡