受身凝集法

出典: meddic

passive agglutination
PA法

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 混合受身凝集法(MPHA)によるHLA抗体検出の有用性
  • 峯 佳子,菅野 知恵美,川本 佳代,伊藤 志保,麻田 真由美,藤田 往子,金光 靖,椿 和央,芦田 隆司,金丸 昭久
  • 日本輸血学会雑誌 47(6), 849-851, 2002-01-01
  • NAID 10009412652
  • 血小板混合受身凝集法(MPHA)で検出される低力価抗HLA抗体による血小板輸血不応
  • 安田 広康,加藤 久美子,色摩 弥生,大戸 斉,山口 脩,七島 勉,丸山 幸夫,渡辺 岩雄
  • 医学検査 : 日本臨床衛生検査技師会誌 = The Japanese journal of medical technology 48(6), 1007-1014, 1999-06-25
  • NAID 10016217616

関連リンク

逆受身赤血球凝集反応(PA、PHA) 赤血球やラテックス粒子などにウイルス特異抗原を吸着させたものを、被検血清と反応させると、そのウイルスに特異的な抗体が存在すると赤血球やラテックス粒子に凝集が起こりまする。
また、抗原によって抗体を結合させて凝集させる場合を逆受身 凝集反応という。 抗体と抗原が複合体を形成するなら、抗原は壁一面に広がった状態となる。しかし、抗体が存在しないなら抗原は壁に結合しないので沈むだけとなる。 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元PA法
関連記事凝集」「

PA法」

  [★]


凝集」

  [★]

agglutinationaggregationaggregateagglutinateclumpaggregate
凝集塊凝集体集合集合体凝集物アグリゲート


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1 43 "salts" Ltd maritime"freights :contacts mail 18
2consat tv frequency direction of dish 16
3tb test 陽性 13
40 HTTP/1.1 11
51,1024,768,24 HTTP/1.1 11
6找多毛的日本 8
7 43 "machinery" ltd "maritime "freights :contacts mail 8
8日本母多毛 8
9血糖降下薬 一覧 7
101,320,568,24 HTTP/1.1 7
11 43 " paperboard " Ltd maritime freights :contacts mail 7
12日本多毛 7
13難病 一覧 5
14ラインウィーバーバークプロット 5
15酸性色素が水に溶けやすい 4
16BSCH 肺静脈血栓症 British society hematology 4
17陰性菌 陽性菌 真菌 4
18Culpen フルクロキサシリン 4
19肝細胞癌血流 結節性動脈炎腫瘍 末期症状 4
20ワレンベルグ症候群 4

昨日の人気記事
 タイトル表示
1tb test 陽性 13
2日本母多毛 8
3找多毛的日本 8
4血糖降下薬 一覧 6
5ラインウィーバーバークプロット 4
6陰性菌 陽性菌 真菌 4
7酸性色素が水に溶けやすい 4
8BSCH 肺静脈血栓症 British society hematology 4
9otoconia 4
10アプガースコア 4
11systemic vascular resistance 計算 3
12抗コリン薬 3
13ワレンベルグ症候群 3
14下腿軸 3
15acenocoumarol 2
16ストリキニーネ 症状 2
17ホフマン症候群とは 2
18右側臥位 2
19Streptococcus agalactiae 2
20塩酸インデノロール薬 副作用 2