収斂作用

出典: meddic

wikipedia jaより

  • 収斂作用とは、タンパク質を変性させることにより組織や血管を縮める作用である。アストリンゼント(Astringent)効果とも呼ばれる。
  • 収れん作用を持つ物質には止血、鎮痛、防腐などの効果があり、化粧品や医薬品として用いられる。
  • ミョウバンは炎症を鎮める目的で口内炎に用いるほか、肌の引きしめや制汗効果を期待して化粧品にも配合される。食品の食感を良くするためにも使われる。
  • タンニンやビスマスの化合物は腸粘膜のタンパク質と結合して被膜を作る。これにより炎症を起こした粘膜への刺激を和らげるため、整腸剤として利用される。タンニンを含む食品を口に入れると強い渋みを感じるが、これはタンニンが口腔内で収れん作用を示すためである。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/27 11:28:23」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • ブロー液を用いた外耳道および乳突腔真珠腫の治療
  • 寺山 吉彦,坂田 文,村田 保博 [他],原田 幸二,大橋 正實
  • 日本耳鼻咽喉科學會會報 113(6), 549-555, 2010-06-20
  • Burow's solution, 13% aluminum acetate dissolved in water developed as ear drops by German Dr. Karl August Burow in the mid-1800s, was confirmed by Mahoney (1980) and Thorp et al. (2000) to act on chr …
  • NAID 10029380230
  • 芍薬の薬理作用 収斂剤として : 桂枝湯の薬味構成
  • 伊藤 康雄,山崎 由佳里
  • 漢方の臨床 56(9), 1560-1566, 2009-09-25
  • NAID 10025534013
  • ゲンノショウコエキス配合止瀉剤の収斂作用および空腸粘膜の短絡電流に対する作用
  • 大藤 和美,原 英彰,洲加本 孝幸 [他],山下 伸二
  • 日本薬理学雑誌 111(4), 265-275, 1998-04-01
  • Phelloberin®-A consists of berberine chloride and an extract from geranium herb. To clarify mechanisms of the antidiarrheal effect of Phelloberin®-A, we investigated the astringent action by …
  • NAID 10005085664

関連リンク

収斂作用 収斂(しゅうれん) 作用とは、たんぱく質を変成させ組織や血管を縮める作用のことを言う。 収斂作用は、肌をひきしめたり、炎症を抑えたりする効果がある。収斂作用を持つものとして、ミョウバンやタンニンなどが有名で ...
医薬品,化粧品,食品分野での共同開発に豊富な経験と実績を有するする唯一のバルクメーカーです。 ... 皮膚と収斂作用 皮膚のタンパク質に作用して軽く凝固させることにより、肌を引き締めたり整えたりする作用をもつ物質を収斂剤と ...
気になる体のにおいの予防と対策、解消法についての情報です。 ... ミョウバン水の特徴の一つに収斂作用という大きな働きがあります。収斂作用というのは、必要以上の皮脂の分泌を抑える働きや、皮膚の角質層にあるタンパク質を ...

関連画像

肌再生や収斂作用のある  作用 抗菌 作用 消炎 作用 美肌 (抗炎症・収斂作用)をプラス 再生作用、収斂作用を期待して必要な施術時間は2分以上消臭作用・収斂作用の  収斂作用(引き締め効果)を 、収斂作用が知られている


★リンクテーブル★
リンク元次サリチル酸ビスマス」「収斂薬
関連記事収斂」「作用

次サリチル酸ビスマス」

  [★]

bismuth subsalicylate
PEPTO-BISMOL Pepto-Bismol, Bismatrol
次没食子酸ビスマス
  • Bismuth subsalicylate is 2-Hydroxybenzoic acid bismuth (3+) salt

作用機序 SPC.311

  • ビスマス剤:ビスマス塩のうち、水に不溶のものは、内服によって胃酸中和、胃腸粘膜の被覆保護などの作用を呈するほか、全腸管に渡って収斂作用を表す。ビスマス剤はまた腸内のH2Sと結合し、その蠕動作用も除くので、確実な制瀉薬として作用する。ビスマス製剤として次硝酸ビスマス次没食子酸ビスマス次サリチル酸ビスマスなどが用いられる

参考

[display]http://www.asahi-net.or.jp/~yq6k-srtn/kusurishishayaku.htm
[display]http://www.rxlist.com/helidac-drug.htm
  • 詳しい。英語
[display]https://members.kaiserpermanente.org/kpweb/drugency/drugdetails.do?drugID=299464&name=Bismuth%2BSubsalicylate%2B525%2Bmg%2F15%2BmL%2BOral%2BSusp&index=true
[display]http://www.drugs.com/mmx/bismuth-subsalicylate.html
  • wikipedia en
[display]http://en.wikipedia.org/wiki/Bismuth_subsalicylate
-bismuth subsalicylate


収斂薬」

  [★]

astringent
収れん薬
収斂作用


収斂薬

  • タンニンアルブミン
まれれにかびんせい
鉄剤と配合禁忌
  • ビスマス製剤

構造

作用機序

  • 腸粘膜タンパク質に結合し、粘膜面を覆って分泌と刺激を抑制
→炎症、腸蠕動を抑制
  • 局所の蛋白質を沈殿させ細胞膜透過性を減少させる薬物 (別の文献)

薬理作用

動態

適応

  • 腸粘膜にびらん、潰瘍があるときに適応

注意

禁忌

副作用

相互作用

収斂」

  [★]

convergenceconstrictionconvergentconstrict
相近
狭窄集合収縮収束輻輳収束性
平行進化


作用」

  [★]

actioneffectact
影響行為、効果、行動効力作動措置働く効能条例




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡