反転回復法

出典: meddic

inversion recovery method, inversion recovery IR
反転時間



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/21 15:57:38」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • リアルIR法によるT1緩和時間測定 : IR法とリアルIR法の比較
  • 門間 正彦,石森 佳幸,岩井 浩一
  • 茨城県立医療大学紀要 14, 23-30, 2009-03
  • … 組織のT1値を測定するための方法として、反転回復法(IR:Inversion Recovery)や飽和回復法(SR:Saturation Recovery)があるが、一般にダイナミックレンジを有効に活用することができるIR法使われている。 …
  • NAID 110007481208
  • NMRの基礎教育:磁気緩和--反転回復法によるT1の測定
  • 佐久間 千勢子,田部井 克己
  • 東京薬科大学研究紀要 (4), 77-84, 2001
  • NAID 40005204393
  • 液体抑制反転回復法MRIを用いた前庭水管拡大症症例の検討
  • 西村 将人,土井 勝美,久保 武,宮崎 裕子,原田 保,澤田 亜也子
  • Otology Japan 9(2), 167-171, 1999-05-25
  • Fluid-attenuated inversion recovery (FLAIR) imaging is a technique which faciliates heavily T<SUB>2</SUB>-weighted CSF-nulled images by coupling an inversion pulse followed by a long inver …
  • NAID 10024563304

関連リンク

Dept. of Environmental Chemistry and Materials Okayama University 反転回復パルス法 180 ーτー90 ー積算ー待ち時間 スペクトルを並べて ... Dept. of Environmental Chemistry and Materials Okayama University 理論との比較のために ...
m0は熱平衡状態の縦磁化、t1は縦緩和時間、trは繰り返し時間、teはFSEの180度パルス間の時間、tiは反転時間、etlはFSEの180度パルスの数 (echo train length) とすると、FSEの最後の180度パルス直前の縦磁化は次の式で ...

関連画像

 反転 回復 法 の 一種 です課題】位相感応性反転回復 反転 回復 法 の パルス 設置機器メーカー 型式日本ルフトは最先端の医療機器 反転 回復 法 の パルス


★リンクテーブル★
先読みIR
リンク元反転時間
関連記事回復」「反転」「」「反転回復」「転回

IR」

  [★]


反転時間」

  [★]

inversion time TI
STIR法反転回復法

回復」

  [★]

recoveryrestorationresolutionreversalrestitutionameliorationrecoverrestorereturnregainameliorateresolverecuperate
解決回収回収率解像度寛解帰還逆転再建再建術修復反転復旧分解分解能分割分離戻る戻す返る返す消散復活取り戻す
DNA修復


反転」

  [★]

inversionreversalinvertinverse
インバース回復逆位逆性逆転転化

法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


反転回復」

  [★]

inversion recovery, IR
FLAIR fluid-attenuated inversion recovery

転回」

  [★]

tumbling
反転頻度宙返り



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡